×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナニワのナンバー2み~ちゃんのばっちりムービーリスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.鉄仮面
2.ウェルカム・トゥ・クリスマス
3.長野
4.石川鈴華
5.くいしんぼう
6.ねこぢる
7.ミーカ
8.ヨーグルト
9.ヤング・フランケンシュタイン
10.well

i-mobile
あの頃映画 松竹DVDコレクション 「われに撃つ用意あり READY TO SHOOT」 原田芳雄が逝去して3カ月近く。追悼プログラムとして、劇場で、CSでと、その代表作の数々が再映されている。
40年もの間、不良性感度と拘りの作品群で銀幕を疾走した俳優の凄みが、改めて実感させられるが、DVDソフトについても、その死後以降、今まで廃盤、非DVD化であった個性溢れる作品たちが、次々に再販、発売される流れになっている。
今作は、1990年度製作の松竹映画、監督の若松孝二にとっても珍しいハードボイルド・アクション。如何にも若松、原田らしい熱くストイシズムの薫り高い傑作。
嬉しい初DVD化ゆえ、以前、ヴィデオソフト欄に書き込んだレビューを以下再録する。

全共闘世代として、68年当時学生運動に身を投じ、“今”は歌舞伎町で呑み屋の店主をやっている男(原田芳雄)の、自己のオトシマエとアイデンティティを賭した闘い。
原作は、佐々木譲の「真夜中の遠い彼方」。彼が撃つべき対象は、もはや国家権力ではなく、新宿を牛耳る暴力団と香港マフィア。
彼らから逃げたベトナム人少女の窮地を救った事から、あの時代以降、彼の心の奥底に沈潜していた魂に炎が灯る。
多国籍入り乱れる不夜城の闇を切り取ったような血なまぐさい巨大都市新宿の魔界ぶり。麿赤児、佐野史郎、吉澤健らハマりすぎの配役、新宿署のマル暴デカ役の蟹江敬三も含め、この人たち、かって新宿でアングラ芝居をやっていたな。

呑み屋の閉店に、かっての活動家仲間たちが集まってくる。
嬉々として教え子たちにかっての武勇伝を語る予備校教師(小倉一郎)、バンコクでの買春を自慢げに語る広告代理店社員(斎藤洋介)、如才なく事業展開させている不動産屋(西岡徳馬)、ベトナム難民救済運動に力を注ぐ事であの時代への接点を持ち続けようとする都議会議員(山口美也子)、定職につかず新聞配達のアルバイトで生計を立てる巨人ファンの男(石橋蓮司)、そして、主人公のかっての同志で恋人だった編集者(桃井かおり)。

それぞれが、あの時代をどう総括し、どうオトシマエをつけたのか?
若気の至りとばかりに、社会人として成功する者、拘り続けて取り残される者、いかにも、と思えるそのコントラストの描写が見事だ。

原田芳雄と桃井かおり、新劇出身でありながら、70年代より映画の世界で、その不良性とアウトローな生き様を見せてくれたふたりが、若松の思い入れ過多のまま躍動する。

エンド・ロールで、10.21新宿騒乱のニュース・フィルムが延々と流れる。これは、名撮影監督だった宮島義勇による新左翼運動史を綴った膨大な記録映画「怒りをうたえ」からの引用。

大いなるアナクロニズムと嗤えば嗤え。あの時代を知らぬ者にもハードでソウルフルな作り手たちの思いがぐぐっと伝わってくる傑作である。


ロストユニバース 魔宮伝説からの脱出 [DVD] RPGの実写版レベルと考えて観ると面白いかもしれません。
岩が上から落ちてくるシーンは不思議と印象的でした。
今までよくあるカットのようで、実はあれほど明確なアングルはなかったかもしれません。
あれはTVゲームを意識した撮り方なのでしょうか?
古い映画なので、今考えると矛盾点も多いですが、映画なんてそんなモノかもしれません。

Y―三津谷葉子写真集 三津谷葉子ファンなら、これは買いでしょ。気に入らないと言う人を理解できない。無駄は無いし、写真は綺麗だし、葉子ちゃんは美しい。いや、本当に美しい。一時は「樽、樽」と言われていたが(そしてその樽っぽい葉子ちゃんでもよかったというファンもいたが)、だいぶ痩せましたね。お腹がだいぶ締まって来た。僕は樽でもよかったが、今の葉子ちゃんは完璧だと思う。付録のDVDはまだ観ていないが、写真集の付録のDVDには期待しないようにしている。これから観てみようっと。
☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!