×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
ノルウェイの住職て~くんの直撃動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.エイリアン
2.箭内道彦
3.泉ピン子
4.上岡龍太郎
5.時任三郎
6.らんま1/2
7.藤原審爾
8.Winger
9.公国
10.宇宙ゴミ

なごり雪 デラックス版 [DVD] 50歳に近づいてくると、誰もが生まれた故郷の景色を思い出すのでしょうね。田舎暮らしを捨てて都会の刺激に染まってしまった我が身を振り返り「これでよかったんだろうか?」そんな思いが、過去を振り返らせるのでしょうか。若い時分の、都会暮らしの誇らしい気持ちがやがて故郷を旅先のように感じられてゆき、自分が故郷から見捨てられゆくような思い。同郷の人にあった時、思い出の中の故郷が突然現実になったり。この映画は、言葉に置き換えることの出来ないような、故郷への愛情、初恋の思い出、犯してしまった悔い、生命に対する感謝といった気持ちを想起させてくれます。静かで、綺麗な映画です。それに、日本映画独特のセリフ回し、小津安二郎作品のようです。大林監督の気持ちが十分に伝わってきました。素晴らしいと思います。
なごり雪 まず本編の映画「なごり雪」を観てから、もっとその秘密を知りたくなったとき、ある程度解き明かしてくれる種本。シナリオも多く載っているし、シナリオや配役に関するエピソードも興味深い。

南柱根助監督が書いたシナリオの初稿では、過去の大林作品のようにもっとファンタジックな色彩を帯びたものだったものを、監督が意図的にファンタジックな要素を削除したとか、当初は歌詞と同じように実際に東京の駅での別れのシーンも想定されていたとか、監督は人を一列に並べて選ぶのが嫌いらしいとか等等。

映画「なごり雪」を観て、この本を読んで、そのあと、ほぼ同時期の大林監督作品であるハイビジョンテレビドラマ「告別」を観るとさらに興味深い。当初のシナリオどおりの「なごり雪」も観てみたくなった。


GRADIUS V オリジナルサウンドトラック ゲームの内容にあってるのはもちろん、音色そのものにも相当な
こだわりがあり、聞けば聞くほどその世界にのめり込みます。
特に「UNIVERSE -STAGE1-」のゲーム画面とのシンクロ率、
曲そのものに漂うサイバーな雰囲気に震えました。

このCDに低評価をつけてる人たちは大抵「グラディウスらしくない」
「トランス=低俗な音楽」という感じが多い気がします。
トランスも色々聞いてみるとそれぞれ違った「味」があるのに……


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!