×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

未確認ビクトリーつんちゃんの情熱携帯動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.青空
2.RAB
3.水内猛
4.新東名
5.田代まさしのプリンセスがいっぱい
6.佐山彩香
7.フランケンシュタインの花嫁
8.宴会芸
9.新田祐克
10.氾濫

REJOICE  日本語で「喜ぶ」という意味のアルバムタイトル、「Rejoice」は、気鋭のトリオによる待望の初CD。 ライブでは、1曲20分を越える熱演を繰り広げる彼らの演奏が、どんな形でCDに収められるのかと期待、半ば不安にになっていたものだが、そんな心配は全くの杞憂である。

 ”さち子”を意味する、「Happy Child」や、ライブを締めくくる曲の「灼熱」は、生きる喜びが湧き出るような躍動感で、親しみやすく、ノリ良くまとめられており、耳に心地よく響く。  一転して、人類の発祥の地でもある、未知なる大陸への憧れ、思いをイメージさせる、「アフリカの夜」では、熱く、自由なピアノソロが聴かれる。 「Hoping For The Future」は、難民の詩集、「ママ・カクマ」にインスパイヤされて作られた曲で、仕事もなく、あまり明るくはないけど、未来に望みを持とうという願いが、本当にそのままにじむような、希望にあふれる曲。

 そして、おばあちゃんちの裏山をイメージしたという「裏山の。」や、「ふるさと」では、「和」の世界を感じさせる、懐かしく、安心するような、ゆったりとした美しい曲の流れに身を任せることが出来る。 「山越え」ではゆっくりして、パワフルなサックスとの調和が美しい。
 おしゃれな「人形ワルツ」、そしてアルバムのタイトルにもなっている「Rejoice!!!」は、リズムとメロディがトリッキーに展開する、面白い曲。 4拍子? 2拍子? くるくる展開して、最後まで連れて行かれ、★・★! と終わる。

 喜び、人類の原点、和、そして最後にサックスとピアノのデュオで演奏されるアイルランド民謡の名曲、「Danny Boy」で弾かれる美しいピアノソロ。 そう、このCDは中島さち子Trioが、老若男女、人種・国籍を問わず、世界に届ける躍動に満ちた、希望と喜びのメッセージなのである。

眷族  だとすれば、眷族とは一族、やから、あるいは仏教上の仏の教えに付き従う菩薩等のこと。
 二つの大戦の時代を生き抜き、大阪で一財を成したKoreanの一族(ケンゾク)の血のお話。
 ケンゾクの発端はトメという日本女性で、トメはその生前からケンゾク内で神格化された存在である。トメからみて曾孫にあたる夏子という小学生とその他のケンゾク、その周辺人の視点で語られる、現在のケンゾク内での遺伝子的血の争いの作品である。
 話の展開には引き込まれる部分もあるが、終わり方に中途半端な感じがある。
 

血界戦線 5 ─Zの一番長い日─ (ジャンプコミックス) コミックだけ買ってますが新巻で迷わず安心して買える数少ない漫画の一つ。

アクションシーンがちょっと分かりづらいですが2回3回と何回も読んでいるとなんとなーく分かる気がするのでその辺りも面白いです個人的に。

トライガン好き、アメコミ好き、クリーチャー好き、ハリウッドSF映画好きにはたまらないですね。

でも最後のアレは・・・・ヘ○・ボーイの青い人と設定かぶりすぎというか狙ってやってるんだろうな・・・。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!