×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

杉本黒幕か~ちゃんの超絶動画リスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Viper
2.大沢正明
3.高橋みなみ
4.松田翔太
5.光永亮太
6.フロントミッションオンライン
7.ポケットモンスター ダイヤモンド パール
8.甲斐
9.トルネコの大冒険
10.水上勉

チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション [DVD] 70年代のテレビシリーズのチャーリーズエンジェルのキャラだけを借りて全く新しい作品として制作されたシリーズ1作目。
監督がMTV出身ということでスローモーション多用の軽い演出が目立つが、それが不思議と本作の雰囲気に合っており、最後まで楽しめるアクション映画の傑作に仕上がっている。
個人的にはバックトゥザフューチャーのマクフィライ・パパことクリスピン・グローバーが謎の男として印象的に起用されているのが嬉しい。

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル [DVD] オールナイトで見ていても、面白くてねられませんでした!

キャメロンは体の見せ方がとっても上手ですね!3人が3人とも自分の役どころをしっかりわかっているので、見ていて安心でした。今回はドリュ―の女としての弱さ、強さ、ルーシー・リュ―の聡明さ、かわいい美しさ、キャメロンのおばかな色気とヒロインっぷりがたまりません。ハッピー・エンドがわかっていても、敵役がデミ・ムーアとあっては手に汗握る大コーフン!最後まで気を抜けません。画面に繰り広げられる迫力と、BGMが小気味いいので、見終わった後の爽快感はサイコー!単純に「面白かった」といえる映画!


李陵・山月記 弟子・名人伝 (角川文庫)  『山月記』『李陵』など、中国の歴史や哲学を題材に作品を書いた中島敦。高校の教科書によく載っている『山月記』は、中国の官吏であった主人公が詩人としては不遇なため納得がいかず、その果てに虎になってしまうという話。中島敦は、自分の置かれた境遇に納得がいかず、ふと考えて疑問符(=?)を発してしまう悲しい癖をもつ主人公を登場させる。『弟子』では、論語で有名な孔子の弟子で、孔子を尊敬しつつも「???」と、納得がいかない子どものように駄々をこねる「子路」。また、西遊記を題材にした『悟浄出世』『悟浄歎異』では、河童の世界でも孫悟空と旅をしながらも「なぜ?」を発し続ける「悟浄」。主人公たちは安易なコトバで「救われる」のではなく、中島敦の温かいまなざしに見つめられている。「類は類を呼ぶ」というけれど、こういう生き方もあるんだと、私をホッとさせてくれる。

●「私」を不問にする=レトリックを使っていると意識させない「レトリック」
 中島敦は孔子の門下の子路を主人公にした『弟子』のなかで、子路にこう語らせている。(夫子とは孔子のことである。)
「夫子は巧弁を忌むといわれるが、しかし夫子自身弁がうますぎると思う。これは警戒を要する。宰予などのうまさとは、まるで違う。宰予の弁のごときは、うまさが目にたちすぎるゆえ、聴者に楽しみは与ええても、信頼は与ええない。それだけにかえって安全といえる。夫子のは全く違う。流暢さの代わりに、絶対に人に疑いを抱かせぬ重厚さを備え、諧謔の代わりに、含蓄に富む比喩を有つその弁は、何人といえども逆らうことのできぬものだ。もちろん、夫子のいわれるところは九分九厘まで常に謬りなき真理だと思う。また夫子の行なわれるところは九分九厘まで我々の誰もが取ってもって範とすべきものだ。にもかかわらず、残りの一厘 ── 絶対に人に信頼を起こさせる夫子の弁舌のなかの・わずか百分の一が、時に、夫子の性格の(その性格の中の・絶対普遍的な真理とは必ずしも一致しない極少部分の)弁明に用いられる惧れがある。警戒を要するのはここだ。」

 ここで子路が警戒しているのは、客観的に見える文体に埋没されている「話し手の判断」である。文章上には話し手が登場することがなく、地の文の中にひそかに「私」が隠れている。この「私」を不問にするレトリック、レトリックを使っていると意識させない「地の文に話し手の主観を埋没させる手法」は上手に使えば「角が立たない」ので人間関係を円滑にするが、悪意を持って使えば「誰」が判断しているかを不問に付したままで大衆操作にだって使える。

 「誰」が不問にさせているのかを問わないでいる、というのも生きる知恵だが、問いを発したり、混沌とした状況に「けり」をつける「メタ判断」する生き方もある。でも、その生き方を貫いて、子路みたいに最期は「膾(なます)」のように切り刻まれたり、プロメテウスのように人間界に火をもたらした罰として禿鷲に肝臓をついばまれたり、「プラトンの洞窟の比喩」に出てくる外界を見た人みたいに真実を告げて皆に理解されず打ち殺されたり、トロイの木馬の危険性を指摘したラオコーンみたいに海ヘビに咬まれて死んじゃうのは、ちょっといやだなぁ。 2003-1-5記す

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!