×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
A型のせんとくんゆ~くんの突撃部屋

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.セミダブル
2.緑の日々
3.ねこねこ
4.黒猫・白猫
5.フランソワーズ・アルヌール
6.最強保存版
7.パチンコクロック
8.JRA
9.ストライクウィッチーズ
10.半熟卵

Strawberry Cream Soda Pop“Daydream”(DVD付) こっちはポップな方のTommy

個人的にはheavenly6の方が好きなのですが、こちらもなかなか良かった。

EVERYDAY AT THE BUS STOPの可愛さは無敵ですね。

こちらのDVDも豪華なのですが唯一

Strawberry●Cream○Soda●Pop○ (Pon Pon Music Ver.)がオリジナルのPVと殆ど同じなのが残念でした。

ロケット・ジュース・アンド・ザ・ムーン Blur/Gorillazのデーモン・アルバーン、近年はトム・ヨークの新バンド「Atoms For Peace」でも超絶技巧のベースを聴かせてくれたRHCPのフリー、そしてアフリカン・ミュージック/アフロ・ビートの生きた伝説である御年72歳(!)のドラマー、トニー・アレンという極上の面子によるプロジェクト、夢の競演/饗宴

そこに現代のソウル・クイーン「エリカ・バドゥ」やガーナのラッパー「マニフェスト」他、数多のアフリカン・ミュージシャンが参加したザッツ・ファンキィなアルバムである

デーモンが近年、アフリカン・ルーツ・ミュージックやBuena Vista Social Clubのようなラテン・ミュージックなどオーガニックな音楽に傾倒していたのは知っていたが、初めて今作をレコ屋で発見したとき「またぞろデーモンが片手間で変なプロジェクト始めたのか・・・ブラーやれよブラー」なんて一人ごちた。だが、試聴機のスタートボタンを押してものの数十秒で激しい自省の念にかられてしまった。そこに流れる音楽があまりに芳醇で多様性に富んでいたから。自身の音楽ボキャブラリーが貧困なので、こういった音楽性の作品には普段あまり触れないのだがいやはや大変に聴き易く且つとても楽しいアルバムである

上記の3人が飛行機の機中で「そのうちジャムろうぜ」と意気投合したのがそもそもの結成の経緯らしいが、ミュージシャン・シップの高さ故か非常に高次元で融合した洗練と熟練の極みを聴かせてくれる

ファンクを基調としながらも#11ではダブに接近し、#7ではNujabes顔負けのジャジーでリリカル、メロウなナンバーを披露するなど様々なエッセンスを散りばめていてあくまでフリー・スタイル

デーモンは、唯一ヴォーカルを披露する屈指のバラード#8以外は主に裏方でアルバム全体のイニシアチブを執っていたようだ。各々が変に個性を出さず邪魔せず適度で絶妙な距離感を保った演奏をしているところが、より一体感のあるグルーヴを作っている

今作は理屈抜きで体感するタイプのアルバムだ。プレイヤーの前で正座して折り目正しく、なんてのより「夏の夕暮れにビール片手に寝っ転がって聴きたいな」とかそんな感じでいいと思う

YOUTUBEでライブを見たのだが、こういう面子でこういう音楽をやったらさぞ楽しいだろうなという「楽しくて仕方ない」感が物凄く出ていた

演奏する楽しみ、聴く楽しみ。文字通り純粋に音を楽しむことに溢れたアルバム

ELECOM スマートフォン用モバイルチャージャー 充電式リチウムイオン電池搭載 microUSB AC充電器付 ホワイト DE-RKJ2ACWH IS03に使ってます。
電池残量10%から40分くらいで90〜100%まで充電出来ます。
軽くて小さいのでいつもバッグに入れてます。
休憩時間の度にイジり倒し、夕方には『充電してください』と出る自分には必需品です。
これで寝るまでに1日持ちます。
質感が低くボタンが超固いのだけが残念、そこだけ星マイナス1。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!