×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

異形のマタドールしんくんのくりくり動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.白い影
2.ハリオグラス
3.D→A
4.手の親指
5.オリジナル・ラヴ
6.Sa・Ga2 秘宝伝説
7.カレン・カーペンター
8.雪見紗弥
9.ウブロ
10.Kiddy Grade

【数量限定生産】パルプ・フィクション ブルーレイ版スチールブック仕様(2枚組) [Blu-ray] この作品は観る人によって面白いポイントが違うと思います。私的には、えっ!?ここでこうなっちゃっていいの??という無茶苦茶なストーリーと、全編を通じての時にクールで、時に間の抜けた(登場人物は至って真剣なんだけど、)会話がたまりません。また、どうでもいい各エピソードが絡み合って、全体の更にどうでもいいストーリーが出来る展開や、これ以外の並び順はないでしょといえる時間の並べ替えの構成も最高です。気に入らない人は二度と観ないでしょうけど、気に入ったら多分全ての台詞を覚えるほど何度も観るでしょう。
Broken Music 本書は英歌手スティングの自伝で、主にバンド「ポリス」が大成功していくまでの道程を15章にわたって綴っている。
スティングの人生の物語は突然、1987年ブラジルという舞台から始まる。幻覚作用を持つ植物飲料アヤフアスカを飲んで、
ビジョンを見始めるスティング。読者は冒頭から、リオデジャネイロ郊外の夜へと誘われ、スティングの見たビジョンの中に入り込む。
そこから思い起こされてゆく家族の思い出、自分の幼少時代が語られ、スティングの人生行路を読者は共に追い始める。
両親のこと、小さい頃の生活や小学校時代の話、学校での教育、学科目や体罰のこと、ガールフレンドのことまで、スティングは細かに描写。
辞書を引き引き外国語で読んでいるにも関わらず、イングランド北部でのスティングの生活や周囲の情景が鮮やかにイメージされてくる。
訪ねたこともないタイン川河口のウォールズエンドの町が、まるで映像を見ているように目に浮かんでくる。
ライナーノーツや歌詞をみてもわかる素晴らしい英文で、スティングは音楽への情熱も語っていく。
特に多く書かれているのが主に地元で行った地道なライブ活動で、ニューカッスルの辺りで活動を続けたLast Exitというバンドでの経験や、
何とか成功したいと努力し続けるスティングの姿が印象に残る。ミュージシャンとして生きていきたいという強い信念が感じられる。
もちろん、結局は家を何軒も持つほどにも成功を収めることになるという結末がわかっているわけだが、
それでも達者な文章は読者を引き込み、楽しく読んでいくことができる。失敗したことや恥をかいたこともあまさず書き、
成功に至るまでの文字通りの紆余曲折はとても興味深い。そしてまたそれが、1987年ブラジルでの夜に収斂していくのである。
見慣れぬ単語も多かったが、文法的には決して難解ではなく、十分原書でトライできる一冊。

小松未歩 7~prime number~ 俺が邦楽でよく聴き、これからも絶対聴いていこう。と思ったのは、kokiaと小松未歩くらいでしょうか。
自分の作りたい曲を作り続けている数少ないソングライター ではないでしょうか。
小松未歩の音楽に出会ったのは 言うまでもなく「コナン」ですが、今ではそういう市場を意識することもなく、小松未歩の色を前面に出した、優しく暖かい音楽を作り続けています。
どのアルバムでも思うのですが、全ての曲に想いがこめられて、全曲通して目を閉じてじっくり聴きたくなります♪ これからものんびりと、自分色の音楽を作り続けて欲しいと思います。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!