×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

杉本ルーキーほいちゃんのお気に入りビデオ

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.完売
2.クォン・サンウ
3.がんばれゴエモン2
4.孤独の賭け 愛しき人よ
5.黒谷友香
6.アレック・ボールドウィン
7.スペイン
8.アダムス・ファミリー2
9.冒険でしょでしょ?
10.ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル

i-mobile
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ぬいぐるみ リンク(M) ゼルダシリーズが好きなので購入しました。細かい部分をあげてみます。
髪→前髪だけ立体的でしたが、もみあげと後ろ髪は一枚の布でした。
顔→目や眉は糸で表現されています。
服→ベルトは緑の服にくっついてます。後ろに盾があり、盾を縫い付ける糸が体まで達しています。帽子と服は同じ材質のようです。
盾・剣→いずれも薄いプラスチックのような型が入っています。私の盾は型が変な形に曲がっていましたが直せませんでした。
全体的にはかわいらしく満足しています。おしりの部分には安定させるためのビーズが入っているので飾るときは座らせた状態が良さそうです。
ぬいぐるみのような商品は“でき”に大きく左右されます。よって実物を見られない通販は不安がありましたがほぼ見本通りで良かったです。この商品は人気で再販されたようです。
種類の少ないゼルダグッズ、興味がありましたら是非ご購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナル・サウンド・トラックス VOL.2 ~確か当初の発表では、もっと任天堂作品が多くなるはずだったと思うんですが、気がつくと「リンクの冒険」以外はすべてサードパーティーの作品になってしまいました。なんとなく釈然としないんですが、収録された作品はやはりファミコン初期の名作です。
~~
こうやって久しぶりにじっくり聞いてみると、ハドソンの曲が意外といいんです。「チャレンジャー」のステージ2などはぐっときますねー。全体的にメロディアスというか、音色がシンプルな分、一音一音に力がこもっている感じがします。
~~
「スペランカー」では、誰もが体験したスタート直後の連続転落死もなぜか再現されています。ちょっとニヤっとするところです。
~~
以前復刻された「ファミコンミュージック」では途中(ここから盛り上がるのに…というところ)でカットされていた「リンクの冒険」の神殿のBGMが、ちゃんと全部入っています。体力切れ間近のアラーム音と一緒に聞こえていたこの曲で、あの頃の緊張感をぜひ再体験して下さい。~

アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで(双書Zero)  著者はあとがきを「進化論」への言及から書き起こし、ウェルズの『タイム・マシン』を経由して、「アイドル(中略)に、いい大人になっても夢中になっている」状況は「進化なのか退化なのか、あるいはその両方なのか」と問いかける。ところがこれは一種のトラップで、その直後で、「しかし大切なのは、二者択一の問いに答えを出すことではない」と問いそのものが廃棄される(p285)。
 こうした宙吊り論法は、ここ数十年の批評的言説の常套だが、しかしこの論法の成否を決めるのは最初にどのような二者択一を提示できるか、だと私は思う。著者は明らかにdegenerationをめぐる議論を踏まえているのだが、アイドルを横目に楽しみながらも自分の人生を賭けるほどにまで熱中したことのない人間としては、「アイドルに夢中になっている人々」を目にして「進化か退化か」などという文明史的な問いを立てた経験もなく、上に引用した「しかし……」の文に、何か身に覚えのない罪で説教されているような不愉快さを抱いてしまう。
 この「しかし……」の文はさらに「もともと『進化論』とは、そうした進化とも退化ともつかぬ混沌たる状況を性急に整理したりせず、可能なかぎりその実態を直視し、現実のさまざまな出来事のざわめきを受け止めようとする方法論だったのではないだろうか」と続くのだが、私はこの主張に無条件には同意しない。上記の二者択一からの流れで見れば、要はアイドル・ファンの自己擁護であり、結論の先延ばしとしか聞こえない。何より、本書の「進化論」が自然史や政治史や経済史、あるいは歌手本人の声質や歌唱力、芸といった「アイドル・システムの外部」について語ることを体系的に禁欲している点に、私は疑問を感じる。
 この著者およびその周辺の「社会学者」たちは、「ベタさ」を嫌い記述の洗練性にこだわるわりには、その仕事の明示されない動機そのものは実にベタであったり、古色蒼然としていたりするように思う。実際、著者はmsn.産経ニュースのインタビュー(【著者に聞きたい】2011.5.15)で「東日本大震災後の今、(中略)最近、真剣に美空ひばりのことを調べようと思っているんです」と語っているが、それは要するに本書でも触れられている「絶対的かつ無根拠な明るさ」(p258。これもマジック・ワードだよね……)へとつながっていく話なのだろう。
 それにしても、このタイミングで結局は美空ひばりを召還してしまうなら、敗戦から大震災までの66年はカンブリア紀みたいなもので、数多のアイドルは進化の系統樹の枝葉末節でしかなかったという結論になりはしまいか? いや、私はそれでも構わないんですけど……

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!