×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

稲生送りバントけ~くんの超絶時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.一条瑛花
2.MiG-25
3.クリスタル・ゲイル
4.ガール・ガール・ガール
5.バイア
6.世界が夢見るユメノナカ
7.中山ラビ
8.安永知澄
9.FAT
10.とだ勝之

同和と銀行 -三菱東京UFJ“汚れ役”の黒い回顧録 (講談社プラスアルファ文庫) 読みはじめは岡野の「ノイローゼになる」という言葉が恐ろしいまでに現実感を伴って襲ってくる。
企業人の悲哀が見て取れる。
しかし、読み進むうちに、岡野もおそらくは三和の中では、小西的な立場になっていったのだろうと
思わされた。
岡野自身、それを楽しんでいたのだろう。
俺の後ろには小西がいるよと。
描かれている岡野の役員へのせりふが本当ならば、それは間違いないところだろう。
そして組織の中で自分がどういう末路をたどることになるのかということも分かっていたのだろう。
「小西と一蓮托生」。

この本では、小西とハンナンの浅田との関係が書かれていないが、
狭い大阪で二人の接点はあったのだろうか?
また、大阪に点在する同和地区には必ず小西的な人物がいるのか。
そういう地区のボス達を取りまとめているのは誰なのか。
そして
政界・暴力団・同和をとりまとめているのはだれなのか。
そういう疑問点の入り口に立つ本である。

Luck Stealer 8 (ジャンプコミックス) 逃走劇から始まり、緊迫の展開が続きます。
相変わらずの展開に好き嫌いは分かれますが、自分は好きです。
次の単行本は、2011年夏までお預けですが、どうなるのか気になる終わり方をしているだけに
次の感が気になりますね。
かずはじめが好きなら、楽しめる作品だと思います

Luck Stealer 7 (ジャンプコミックス) 確実に様々な勢力がラックスティーラーを追い詰めていきます。
その過程をジックリと描いているさまは、なかなか緊迫感があって良いです。
次の巻で、いったいどんな展開が待っているのか、四面楚歌の主人公に未来はあるのか、気になります

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!