×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

佐藤ブコビッチひろくんのお気に入り動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ラッキーマン
2.Greenslade
3.岡田博美
4.ママは小学4年生
5.谷俊介
6.購入
7.白い滑走路
8.Barbour
9.ソウルキャリバー
10.風曜日、君をつれて

「らぶドル~Lovely Idol~」キャラクターソング&サウンドトラック VOL.1 らぶドルのゲームを買いましたが、個別エンディング、ユニットエンディングのいい歌をきけるのは、このCDだけだと思います。らぶドルファンやらぶドル役の声優さんのファンの方にお勧めです。
アルティメット・エージェント [DVD] わかりにくいけど「ダブルマックス」(原題「The Bodyguard」)の続編
ゆえに原題は「The Bodyguard2」である
まぁ「ダブルマックス」の邦題には少し問題があったが
どうせならこの際わかり易く「ダブルマックス2」にすればよかったのに
発売元が違うからできなかったのかな?

今回も前作と同じテイストの
ペットターイウォンカムラオが監督・主演のコメディ映画ですが
ストーリーは全く違うので前作を見ている必要は全くありません

前作がヒットして予算がついたのか
今回、カークラッシュや爆破が多くなって、そのあたりはそこそこ見応えがある
しかし、肝心のギャグは前回に出し過ぎたのかちょっと落ちるような気がする

ちょっと日本人には笑えない感じの残酷ギャグが多くなったし
かっこつけて登場した強そうな敵キャラがあっさりやられるギャグがあまりにも多用されていて、ちょっと寒いし
アクションも前回の方ががんばっていたような気もするし
ストーリーも前回の方がよかった
トニージャーの登場シーンも前回と同じく少しあり、やっぱりかっこいいのだが、前回の方が気合が入ってたような気もするし

ラストあたりの嫁さんの活躍はなかなか面白かったけど
もっと面白く活用できたような気もするし

続編にありがちですが、やっぱり、全体的にパワーダウンな感じです

マッハ!参 [DVD] 特に前半のアクションは圧巻。主人公のティン(トニー・ジャー)がラーチャセーナに捕らえられ、圧倒的に不利な状況ながらも渾身の力を振り絞って次々に兵士たちを倒していくところは一番の見せ場。「ワイヤーを使っていない」という宣伝文句には疑問符がつくものの、トニー・ジャーは現在のアクション映画の最高峰にあるといっていい。
 ところが、後半になるとややテンションは下降気味。トニー・ジャーとともにタイを代表するアクション俳優のダン・チューポン演じる鴉男との死闘は、前半のスケールとスピード感にあふれるアクションに比べると迫力に欠けてしまった。また、鴉男のたたずまいが、ティンと重なるの点ももったいない。実際の2人はもう少し違った印象なので、キャラクター設定を分かりやすくした方がよかったような気も。
 ストーリーにはタイの仏教観も織り込まれ、「マッハ!」や「トム・ヤム・クン!」などに比べても深みが増した。それが必ずしもファンの望むところではないのだろうが、製作側の意気込みは買える。また、音楽や映像の処理など、映画の作り方そのものもかなり洗練されてきた印象を持った。
 脇役では、前作では顔出しだけだったペットターイ・ウォンカムラオが今回は存在感を発揮。シリアスな展開ながらコメディアンとしての役割を果たし、ティンの気持ちを変えていく重要な役柄を演じた。ヒロインが小林綾子似のぽっちゃりタイプで、従来のタイ映画に多いスリムでセクシーなタイ美人ではなかったのは少し残念。しかし、彼女のタイ舞踊のシーンには説得力があったし、ストーリーが余計な方向に行かなかった点は評価できる。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!