×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャンドルゴールデンしんくんの直撃時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Possessed
2.ギャラリーフェイク
3.FUCKIN
4.山田ゴロ
5.森園勝敏
6.板尾の嫁
7.ラストサムライ
8.大河女優
9.マッサージ器
10.ナポリ

限定版(設定集あり)を購入して、B’sLOGを購読した人には、よほど華鬼のファンでないと物足りないかもしれません。

■画廊
リリース用イラスト、パッケージイラスト、B’sLOG掲載イラスト、オトメイトスタッフブログ掲載イラストが主。
書下ろしイラストは、本書の表紙と華鬼と水羽の夏風景が1枚。
発売記念イラスト、カウントダウンなどのブログ掲載イラストが載っています。
説明やラフ画などはありません。

■登場人物紹介
設定集の内容に、ゲームのプロフィール(座右の銘など)、開発者とディレクターのコメント、各キャラからの紹介が載っています。
1キャラについて見開き2ページ。

■物語紹介
共通・個別ルートの日付順に、CGとあらすじが載っています。

■制作秘話
・声優インタビュー
 華鬼役の前野智昭さん、響役の鈴村健一さん。それぞれ刻印の花を持った写真付きで4ページ。

・開発者インタビュー
 ディレクターの麻倉りょうさんと原画担当の雪野奏介さん。こだわりポイントなど4ページ。

・原作者インタビュー
 原作者である梨紗さんの話。1ページ。

・舞台裏
 各キャラクターの設定と見どころ、その他のゲーム設定。2ページ。花言葉から各キャラの刻印を決めた理由がうかがえます。

・広がる華鬼の世界
 小説、舞台、映画、ドラマCDの紹介。全部で1ページ。

・ラフ・設定画集
 各キャラについて立ち絵、CGラフ?、原画担当者のコメント。華鬼は2ページ、その他キャラは1ページ。
 PSP版パッケージ講図案が1ページ。

■攻略情報
B’sLOG掲載内容をより詳細にしたもの。プロフィール解放条件もあり。

■華鬼伝承
B’sLOG掲載小説5作(計10ページ)に書下ろし小説「花咲く秋」6ページ。
「花咲く秋」は響>国一>三翼=華鬼といった活躍量です。登場順もこの通りです。響ファンは必読。

限定版の設定集、B’sLOG掲載内容、オトメイトスタッフブログ掲載内容に「制作秘話」をプラスした感じの内容です。
本の値段を高いと思うかどうかは、購入する人がどれだけ事前情報を持っているか、によると思います。
限定版・B’sLOG購読・ブログ拝見している身としては、この値段はちょっと高かったです。

個人的には、かなりのページを割いている「物語紹介」は、ゲームプレイ済者が購入する前提なので、各CGに付けるのはあらすじより、構図や色彩のこだわりなどCG自体についてのコメントが欲しかったです。
ほぼ同時期に「薄桜鬼 公式設定集」を購入してしまったせいか、つい比較してしまいました。もう少し読み応えが欲しかったです。
本のサイズも、ページ数が増えても良いので、もう少し小さいほうが良かったかなぁと思いました。迫力があるCGが少なく大きなサイズである必要性を感じませんでした。

「制作秘話」の内容は嬉しかったのですが、ページ数が物足りなかったので☆マイナス1にしました。

★余段ですが、書き下ろし小説「花咲く秋」の内容から、原作者サイトからSSが読めます。
 華鬼ファンでしたら、”「花咲く秋」とSSが読める”事と値段を比較して購入を検討しても良いと思われます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS The Comics 2 (2) (ノーラコミックス) 作画の長谷川光司さんの絵はアニメの絵と違和感がなく、とてもうまいので
アニメを見ている感覚で読めます。
ストーリーはアニメの補間が強いので、アニメ本編を見ていない人にはわかりにくいですが、
アニメを見ていた、またドラマCDも買ったファンの方にとっては重要なエッセンスが
たくさんちりばめられています。
とくに、本編ではスッパリ切られていたエリオ君とキャロの過去の話は重要。
そして「6課で一番強いのは誰?」
はやて隊長は早々と「ぶっちゃけ私がガチンコで勝てるのはキャロくらい(しかも竜召還禁止で)」と、
おもしろい視点での会話がつづきます。
この話しの時に回想シーンで、なのはVSシグナムの絵があるんですが、
この絵のなのはさんは、シリーズ史上最凶の顔で血闘しています。(シグナムの回想で)

あと、原作の都築さんの世界観の完成度の高さにはホント脱帽です。

グッとくるコレクションフィギュア21 魔法少女リリカルなのはStrikerS 八神はやて CM'sコーポレーションの『グッとくるフィギュアコレクション』シリーズ(正式名称)に『魔法少女リリカルなのはStrikerS』の八神はやてがラインアップ!

製品は約20cmと1/8スケール相当分に該当します。

●良い点
・商品が大きい。
・リインフォース'IIが付属
・顔が3種(真顔、叫び顔、笑顔)と多い
・一部を除き、可動範囲が広い

●悪い点
・似ていない(世間一般的見解)
・股の可動範囲が制限される
・羽根の接続が甘い、6点接続のため肩など動かすと干渉し易い&取れやすい

・・・悪い点の中でも、"似ていない"と言われるが原作に比べると似て非なるモノなのは間違いではない。・・・が、アルター版、モエコレ版などを比較しても、差ほど変わらない理由になる為無問題。
その点ではfigma版が近いとも言える。
しかしながら、figmaでは可動範囲で特に肩が動かない、顔パーツが2種である、リィンフォース'IIが付かない・・・・・・という観点からすれば、グッコレ版はやては勝る。

あと股の可動では必要最低限の範囲は可動出来るので、派手なアクションをしないはやてであればそれほど痛い物ではない。
また、ジョイントで特に気になる腰の可動は、海洋堂の【リボルテックジョイント】に置き換えることでも解決します。

そして副産物として、グッコレシリーズのなのは、シグナム、シャマル、フェイトの【フェイスを無加工で付けられる】という事が出来ます。

正直、無駄なコダワリをするのなら買う必要はない、、、が、真のファンを名乗るなら買いなさい。

やり方1つ、扱い方1つで200%変わる、、、、、、それがグッコレシリーズです。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!