×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

極地の送りバントベンちゃんのびっくりルーム

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.デ・ジ・キャラット ファンタジー
2.中村ゆり
3.エアロダンシング 4
4.村上かつら
5.くまの子ジャッキー
6.シーアップル
7.Forbidden
8.織田
9.ダービースタリオン
10.ゼルダの伝説 神々のトライフォース

Zigbee開発ハンドブック (実践入門ネットワーク) 半日ほど読んでみたので、ちょっと感想など。
他のレビューでは比較的高いポイントが付いてますが、私にはそれほど満足できる内容とは思えませんでした。私が知りたかった情報の半分ほどしか見つかりませんでした。以下、感想です。
・ ZigBee 規格の説明で、何が必須(mandatory)で、何がオプションなのか分かりづらい。
・ 802.15.4 や ZigBee 規格の「実装」にページを割いているのは悪くないが、それによってユーザーが何を利用できるのか、というインターフェイスの側面が弱い。いろんなトポロジの紹介があるが、ZigBee 規格を満たした製品なら全てを利用できるのかどうか、私には理解できなかった。(読み方が悪いのかも。)
・ 何が規格に基づく記述で、何が著者の解釈なのか、が明確に区別されていない気がする。
・ 802.15.4 MAC レイヤを説明しているはずなのに、途中で「(一方) ZigBee では…」という説明が混じってくる。読んでいて混乱する。
・ エンド・トゥ・エンドで通信の完全性に関する説明が見当たらない。一生懸命、MAC 層と ZigBee ネットワーク層での再送制御の実装を説明しているが、利用者に何が保証されるのか、という観点が欠けている。(XBee のドキュメントでは、重複データの廃棄はアプリケーションの責任だと書いているので、規格上の要求を知りたかったのだが。)
・ クラスタの説明が抽象的で、私には理解できなかった。
・ 索引は 4ページ。この種の本としては、あまり充実しているとは思えない。
一方、以下については、ある程度理解できました。
・ 低消費電力を実現するための、802.15.4 実装の工夫。(ただし、ZigBee のインターフェイスとして、どこまで利用者に選択の余地があるのか、十分に理解できなかった。)
・ 同じく、実装コスト低減のための、実装の工夫。
・ アドレシングの仕組。

テルマ&ルイーズ (スクリーンプレイ・シリーズ) 『ハードな《プリティ・リーグ(映画)》とも言えます。』

レビュー・タイトルは、この映画を観た人なら、多分うなずいて
いただけると想っています。

(くれぐれも、各国の法律の範囲内にての取り締まり方法には、なるのですが。)

すべての《母性》へ、この映画の『思想』を捧げます。

(m(_._)m)

(This inspired from The Rose by Dear Bette Midler.)

テルマ&ルイーズ [DVD] テルマとルイーズは大の仲良し。楽しい2日間のバカンスを過ごすはずだったのに・・立ち寄ったドライブインでテルマが悪男にレイプされそうになり、ルイーズの放ってしまった弾丸が、とんでもない旅行に化してしまうのだ。最初、ほんとうに2人はかごの鳥が飛び立つような喜びようで、見てる側をも楽しくさせた。お互い相手の陰口を叩いて、釣りをしておいしい食べ物でお腹を満たして戻ってくるストーリーでも良かったとも思うけど・・そんな普通じゃいられないのがこの物語のおもしろさだ。
逃げる途中、あんなに嫌な思いをしたのにテルマは強盗(ブラットピット)にだまされる始末・・男に対して安易過ぎるノー天気で世間知らずのテルマ、強盗もやっちゃう幼稚さ、一方、盗まれたことでルイーズは失望のどん底、入れ替わる2人の気持ちは、印象深いものがある。追いつめられると終いには、警察官をいなしたり、タンクローリーのバカ親父に悪魔と呼ばせてしまうのだ。もう、元へ戻れなくなってしまうストーリーは爽快だが、なぜかむなしい。女は男に翻弄されて強くなるって言うのか、せめぎあいの果てが、崖から車ごとジャンプして、話の決着をつけた後味の悪さだが、納得せざるをえない。悪は悪として処理しないと正義が通らないとも言いたげな物語だった。
やむになまれぬ事態を引き起してしまい、テルマとルイーズは素敵な旅行だと言っていたが、見てる方もこんな展開になるとは驚きだ。決して脚本が悪いとは思えない。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!