×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

南海の資格マニアゆんくんの直撃動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.永田真代
2.ライ・クーダー
3.キタキマユ
4.小林啓子
5.FF
6.たちばな真未
7.RPGツクール
8.藤井麻輝
9.漏洩
10.ヘクター'87

i-mobile
Keiichi Suzuki:Music for Films and Games/Original Soundtracks 過去の様々な映画のサントラやらゲーム音楽から少しずつ選曲されています。
わたしは、ムーンライダーズのアルバムは全て持っていますが、“マザー”とかその他サントラは全く所持していなかったので、
今回初めて聴く作品がたくさんありました。しかし、実際に観た映画は何本かあり、
“東京ゴッドファーザーズ”は懐かしかった。第九が素敵です。映画ではエンドロールの時に歌われていて感激したのを覚えています。
“座頭市”の集団ラップダンスの音楽も収録されています。“転々”に使われていた“髭と口とバルコニー”懐かしかった。
どの作品も、改めて、実際映画を通じて聴くよりもリアルに心に響きます。2枚目の方は私が、マザーというゲームをやったことがないので、
全く初めて聴きましたが、聴き応え十分で、楽しめました。やくしまるさんのボーカルも素敵です。お宝です。
おそらく、こういったCDは、買おうか買うまいか迷われている方が多いと思いますが、
買って損はしません。全編を通じて、トータルな印象があり、穏やかな気持ちで聴けます。
近年、才能が噴出し、多作傾向のある鈴木慶一、新しいCDも完成したようですが、とても期待しています。

ビューティフル・マインド [DVD]  難しい役を見事に演じていたラッセル・クロウも凄かったですが、それよりも悩みながら夫を献身的に支え続けた、妻役のジェニファー・コネリーの演技がよかったと思います。病に苦しむ夫を支え続け、見事に夫を立ちなおらせた妻。アカデミー賞の授賞式にて、夫が妻に捧げる言葉。妻の苦労が報われた瞬間であり、夫が病に勝った瞬間。妻の努力と忍耐がなければ、夫はこの舞台に立つことはなかったであろう。素晴らしいエンディングだったと思います。

 また、幻覚ですが、親友役として登場するポール・ベタニーが、ここでもインパクトのある演技。本当に素晴らしい俳優だと思います。

 この作品は、コレクションに加えるべき作品の一枚だと思います。献身的な妻を演じるジェニファーの演技を是非見ていただきたいと思います。

 

ビューティフル・マインド [DVD] 昔に一度見たことを忘れて、もう一度借りて観てしまいました。
自分の理論を構築できない苦しみ、それを抜け出しての大きな成功。
その先にあった、幻覚との戦い。
最も恐ろしいことは、自分を理解し支えてくれていた親友が幻覚であったということ。
その過程で、もし今自分の傍にいる妻も幻覚だったとしたら?というとんでもない恐怖が襲ってきます。
しかし彼女は頭で考えるのではなく、ハートで感じるのだと、数学しか能のない男に告げるのです。
多くの感情をもたらす映画です。苦しみ、喜び、悩み、絶望、そして歓喜、愛。
ラストの2つのシーンで涙が駄々漏れになります。
余韻も素晴らしい。名作です。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!