×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
船上のカロテンみきちゃんの情熱動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.村上太一
2.BUNGEE JUMP FESTIVAL
3.聖ルミナス女学院
4.マリア・カラス
5.SJ-E30B
6.田口淳之介
7.南明奈
8.津田
9.けいさんゲーム
10.布編み館

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界 未来予測の大作を読んで、かなり、おもしろかったです。
独創的な観念の道具(中心都市、ノマド、ユビキタス・ノマド、
超帝国主義、超民主主義など)を縦横無尽に使いながら、
人類の過去と未来を「大きな手で」掴み取るがごとく、
力強く描いていきます。

その予測は、巨視的なものから、デジタルツールの進化普及
のような微視的なものまで、多次元、多層に渡り
本書を読むことで、世界には、日本で安寧と暮らしていてはわからない
事象が無限に存在するのだなあ、ということで感心するとともに、
アタリ氏の頭脳のすごさに圧倒されます。

米国が凋落し、中国やインド、韓国が勃興する、特に、中国が凋落する
米国を経済面、政治面で凌駕し、世界一の国家になるような予測のくだり
では、なんか、かなり恐ろしい気もしますが、過去の歴史を見ると、
ひとつの帝国が存続する期間が短くなる傾向になり
国際情勢を読み解くのに妙に説得力があります。

いづれにしても、日本が米国LAに続く中心都市になれなかった理由には、
結構納得できるものもあるし、今後の存在感が希薄化する予測も、
悲しいかなあたっているような感じで巨視的観点での対応が急がれます。

私の話 (河出文庫) 鷺沢さんの本、大好きです。いつも、チェッ、と舌打ちをしているのが
聞こえてきそうな感じで、それでも”仕方ないなあ・・・”と
また歩き出していく・・・そんな感じ。
どんなにつらくても、どんなに悲しくてもそれでも人は生きていく、
生きていかなければならないのだなあ、と思いました。
もう、彼女の作品が読めないと思うと本当に残念です。

大好きだったのに・・・


男の子と女の子 注目したいのは、カップリングの「ハローグッバイ」ですね、アルバム未収録なのですが、この曲の為に購入する価値あると思います。年末のライブでも演奏されていました。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!