×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

晴天のペレほんちゃんの直撃携帯動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ピンポンダッシュ
2.Pug dog
3.ロレックス
4.田口浩正
5.アイアンマン
6.ツチノコ
7.銀の価格
8.もう我慢できない
9.朔ユキ蔵
10.結月里奈

「愛と復讐の嵐(『ビクトリア 愛と復讐の嵐』日本語主題歌)/愛のメモリー21」  ベネズエラで2006年に製作されたテレビドラマ『ビクトリア 愛と復讐の嵐』日本語主題歌の本作。
登場人物が多く、恋愛と憎悪が入り混じるドロドロの人間関係が話題の長編連続ドラマ。
通称「ビク愛」。これを称して“テレノベラ”と言うのだとか・・・。

 さて、しげるさんのレパートリーには“愛の6日間”“愛の形見”“命をかけて”など、
本作の世界観とかなりマッチするオトナのナンバーもあります。日本語版の歌詞も
好いのですが、この際、オリジナルをカバーした歌詞の『愛と復讐の嵐』も聴いてみたかった。
《ジプシー・キングス》を甘くしたような出来になったのではないでしょうか?
メロディーラインも日本人好みの感じです。是非、大ヒットを期待したいものです。

C/Wは愛のメモリー・ラテンヴァージョンです。
以前アルバム『Old Fashioned Love Song』でも収録され、間奏バイオリン・ソロは
葉加瀬太郎が参加し、結構話題になったものです。
聴き比べてみるのも一興です。

WCCF IC 2008-2009 TACTICS&DATA BOOK よくもこれだけ書きましてね。という内容がもりだくさん。

良い意味で「広く浅く」ですが、

全選手、全KPの「使用感」をこれだけ書くのはかなり大変だったろうなと。

欲を言えば、連携グループも記載して欲しかったが、、、
これはメーカー的に非公開なのでしょうね。

あくまでも「一般的に広く浅く」なので、
自分はちょっと違うと思う、という箇所があっても当たり前。

おまけのEXカードはキラロナウジーニョらしいですが、個人的にはあまり…

太地喜和子伝説 太地喜和子の恋人、太地喜和子と親交が深かった芸術家、俳優、監督etcが、いかに彼女の魅力に惹かれ、また彼女を愛していたかがわかるエピソードや証言が続く。
第三者形式で綴られた本書は、小説風でもある。
まず、太地喜和子の華麗な男性遍歴に圧倒された。
舞台、映画での脱ぎっぷりの良さと大胆さ、豪快な度胸に天性の女優魂を見た。
また酒豪であり、素顔はあっけらかんとして、性にあけっぴろげ、可愛くて魅力的な女性だったようだ。
巻末に参考文献が多く載っているが、そこから引用された、妻帯者だった三国連太郎との愛欲の日々が壮絶。
一人の女として女優として、エロスの源が育まれたようなエピソードが物凄い。
その他のエピソードも、太地喜和子と関わった人物が、一女優として惚れて、一人の女としても愛おしくなってしまうほどの、いい女っぷりが、読み手のこちら側にも充分伝わってきた。
共演男優との下ネタ連発の会話やエピソードには、読んでいてタジタジになってしまったほど。
亡きがらの顔が非常に美しかったそうだが、「いい時に亡くなった」「太地喜和子の齢を重ねた顔を見たくない」と関係者が口をそろえて言ったという。
一番美しくて仕事に脂がのっていた時に潔く、桜の花が散るがごとくこの世を去った、不世出の女優・太地喜和子。
艶やかな一人の女が燃え尽きるまでの数々の伝説に魅了されてしまった。
本書には出演した作品の写真が掲載されていない点が惜しい。
また、太地喜和子の人物像を語る上でどうしても欠かせなかったのだと思うのだが、下世話な色話と下ネタ話が多すぎて気になった。
その話の出どころが参考文献のどこからなのか、誰の証言によるものかがわからない等の理由で★3

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!