×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

剛腕グレムリンカールくんのお気に入りビデオ

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.中川いさみ
2.ある日、嵐のように
3.矢作俊彦
4.10000 Maniacs
5.HD
6.KY線
7.鉄腕アトム
8.神藤多喜子
9.L⇔R
10.ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド

i-mobile
隠居学 おもしろくてたまらないヒマつぶし (講談社文庫) 「隠居」は、人間として、とてもたいせつで、重要な在り方です。
「隠居」の在り方は、上昇志向や成長、将来に向けての勉強や投資とは無縁です。そのように考えることができたら、世界は大きく広がります。
この本「隠居学」は、そういった「隠居」の在り方、楽しみを教えてくれます。その発想は、今を楽しみ、無限に自由に飛翔します。そして、「忘れる自由」をふんだんに持ち合わせて。
他にも「隠居」についてのすばらしい本がいろいろとでています。
横尾忠則さんの「隠居宣言」、坂崎重盛さんの「超隠居術」、そして、直接「隠居」とはいっていないけれど、本川達雄さんの「生物学的文明論」、筑紫哲也さんの「スローライフ」、中島義道さんの「人生を半分降りる」等がお薦めですね。
では、楽しさ溢れる深淵広大で単純な「隠居」の世界へ、ようこそ。

明日に向かって捨てろ!! この本の著者がBOSEだということがまず納得できない。どう見ても聞き手の永田氏の主張が強すぎる。
いちいちでしゃばってくる感じがするんだよなあ。ボーズ(もうめんどくさいからカタカナ表記で)と仲良いのはわかるんだけどヤダ味を増してるだけだと思う。
しまおまほさんのお宅訪問は素晴らしい。上記の不満をチャラにするほどに。
惜しい本だなあ。

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻)) 一般の方々には馴染みが薄くお高い音楽と思われてるクラシック音楽を題材にした漫画で、ありがちな天才やありがちな高貴さがないってのがすごいと思います。

私は音大生ですが、よくまぁ調べたもんだ(笑)と思うくらい普通の音大生の日常が描かれています。音大はお嬢様の世界って思われがちですが、本当にこんなんばっかなんですよ。まじで。
楽器もPC処理で見やすく正確なためリアリティがあります。たまにオケの配置が変ですが、まぁそこまで細かく言っては可哀想ですね(^_^;)
そこに二ノ宮先生のコミカルな要素がいいかんじに混じりあって、クラシックはお高い音楽という先入観をぶち壊してくれました。

クラシックって奥が深くて、音ひとつひとつに意味があって、たまに恋人への暗号なんかが隠されてあったりなんかして、本当に面白いんですよ。
聞かないでつまらないって決めつけないでまずは聞いて欲しいです。
この作品がきっかけで聞く人が増えるとうれしいです。

☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!