×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

O型のレジ係り~くんのばっちり部屋

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.田んぼ
2.
3.いとうみきお
4.平野響子
5.ジャン・ワン
6.ナッツ ミルク
7.Burzum
8.比嘉愛未
9.小林じんこ
10.インゴ・ゴリツキ

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫) 天才と呼ばれ始める頃の小澤。

若い、元気、陽気な青年。

パリベルリン、スイスの小さな村、アメリカの街を駆け巡る青年。

世界の才能ある人々と交流する日本の若者。

こんな良い見本は他にないのではないか。

小澤のような天才はどうやって作られたのだろう。

才能、努力、集中力、精神力、音楽への強い興味、学校、家族、先輩、時代、タイミング、音楽の歴史、ヨーロッパ、すべてのものがうまくミックスされて、一人の天才を生んだのだろう。

チャンスはだれにでも訪れる。それまでに十分に準備しているか? 一瞬のチャンスを勇気をつかみ取れるか? 

小澤。世界に誇れる代表的日本人。

大きな夢を持った若者よ。ぜひこの本を手にしてほしい。

小澤征爾さんと、音楽について話をする 村上春樹氏の音楽関連本は、これまで上梓されたものは、ほぼ漏れなく手にして愛読してきたが、今回は巨匠小澤征爾氏とがっぷり四つに組んだ、クラシック談義。ちょっと敷居が高いかなとは思ったが、いざ読み出してみると、小澤氏の飾らない人柄と、村上氏の巧みな聞き上手振りが、うまい具合にかみ合っていて、止まらず最後まで読み通してしまった。
大半は村上氏の個人オフィスで、村上氏が集めた小澤氏のレコードを聞きながら、時にお茶やおにぎりを口にするなどとてもリラックスしたなかで、これまでの小澤氏の数々のオーケストラでの経験談や、演奏に関する見解、様々な著名人との交流など興味深い話が、零れるように披露されてゆく。
そんな中で意外だったのは、小澤氏が自分の過去の演奏をほとんど聞いていないという事実だ。驚いたことに、学生時代いかに貧しかったとは言え、レコードもそれを再生するステレオすらも持たずに、ただスコアばかり読んでいたと言うのである。またあれだけ時間を掛けてオペラ作品のリハーサルを重ね、舞台で長時間演奏するくせに、いざ鑑賞する立場になると、オペラは長すぎて、ほんのさわりしか聞かずに帰ってしまう事が多い、というのだ。
それともう一つ、英語ドイツ語があまり出来なくて、アシスタント指揮者時代バーンスタインの貴重な話をほとんど理解できなかったり、新聞に載った自分の演奏の批評を余り読めなかった、という述懐だ。
これらの楽屋話を通して感じたのは、クラシック音楽の製作過程も一つの『仕事』なのであり、天才小澤征爾も、決して霞を食って生きる「雲の上の存在」なのではなく、公演に合わせて早朝から楽譜を読み込み、リハーサルに汗を流す生身の人間だ、ということだ。
それにしても何と純で、無垢な魂であることか。この魂が、ひた向きに音楽の製作に取り組む姿が、私に言い知れぬ畏敬の念と羨望の思いを抱かせる。
スイスはレマン湖畔で催された、若手弦楽奏者を集めての小澤アカデミーでのセミナーの模様を伝える村上氏の短報も、音楽に携わる若者とベテランの真摯な音楽への取り組みの姿が活写されており、長い対談をはさんでの良いアクセントになっている。
この本を通じて、クラシックが大変身近なものに感じられるようになった。
なお、小澤氏によるあとがきが、短いながらその真率な人柄がにじみ出ていて、プロの書き手である村上春樹氏のものとはまた違った意味で、心に響くものを感じた(H23.12.25)。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら PREMIUM EDITION(初回限定生産) [DVD] この人気アイドル「AKB48」をこうまで若者たちを狂わせ夢中にさせたのは、
かつて「おニャン子クラブ」で一世を風靡した、放送作家で、作詞家で、企画屋で、プロデューサーの秋元康。
美空ひばりの「川の流れのように」の作詞を手がけ、
「おニャン子クラブ」「AKB48」…をスターダムにプロデュースした彼を、
私が選挙参謀ならば絶対に彼を選挙ブレーンの一人に参加させます。彼は時代の雰囲気を香りと色と「形」に演出できる稀有な男です。

その彼が「AKB48」の前田敦子を主演にプロデュースしたのが、この映画です。
まず初めに、岩崎夏海の原作、略して『もしドラ』のベストセラー化がありました。
私も昨年、書店で見つけて興味半分に読んでました。
ちょうど『ポスト資本主義社会――21世紀の組織と人間はどう変わるか』(ダイヤモンド社、1993年)や
『ネクスト・ソサエティ――歴史が見たことのない未来がはじまる』(ダイヤモンド社、2002年)』読んでいたので、
難解ではあるがその卓越した視点に驚嘆していたところでした。
「マネージメント」と「マネージャー」の大きな勘違いで本来ならば大笑いで終るエピソードなのだが、
ただその経営理論が、野球に応用されるとは、それも一つの「経営マネージメントまがいの小説」に仕立てて、
100万部200万部のベストセラーとは、これも破格な本になりました。

さらに再びヒット映画をプロデュースしました。原作者の岩崎夏海もまた秋元康の影響下にある一人です。

このヒットの秘密は、
'1、一つには、勿論秋元康が、岩崎夏海の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』と、
  アイドルのAKB48を結びつけてたプロデュースの勝利です。
  例えば、選挙戦とアイドルはいままでつながらなかったですが、素晴らしい新鮮さが有りました。

'2、二つは、本来どのように作為的に演出しようとも、経営学の硬派のマネージメント論が、
  ばかげた事に高校野球の女子マネージャーと、異種なものを一つの物語の括弧に中に入れてしまったストーリ性の奇抜さでしょうか・・
  荒唐無稽だけに尚更に新鮮味溢れ、斬新である点です。

'3、三つ目は、スポーツ映画は、ボクシングやアメフトやなど名画がいろいろありますが、
  その中でも「野球」という資本主義のアメリカが誕生させた、
  人間の欲望と希望と奇跡を担ったストーリに満ちているスポーツを骨子に選んだことです。
  ある意味で、野球神話に依存した神話力の勝利だと思います。
  

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!