×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

世紀末スーザンおんちゃんのお宝動画大国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.サンライズ
2.ディグダグ
3.ロバート・トゥルージロ
4.元気爆発ガンバルガー
5.BSフジ
6.赤ちゃんと僕
7.森見登美彦
8.Linux
9.にざかな
10.解散

i-mobile
沿志奏逢 ずっと期待していた作品だったけれども、正直ここまでの仕上がりをみせられるとは想像できなかった。どれだけの想いがあってその曲が作られたのか、生まれたのか、世に渡っていったのか…、それが一つの企業セールスという枠を超えたところで、桜井の手によって、本当の意味をもったようにすら思えてしまう。それほど、それぞれの歌がもともとメッセージ性の強い歌であるし、桜井のアレンジや、何よりその声が、人の心に直接詩や想いを響かせてくる。【中島みゆき】の歌では、不覚にも涙さえ滲ませてしまったほどだ。セルフカヴァーとなる【HERO】にも、そのシングルとはまた別の感動を味わわされた。「された」というのは、それほどこの歌にのせられた志が深いことが、聴くだけでわかってしまうからだ。それぞれの歌手等がカヴァーすることを了承したのも、それも一つに、桜井に歌われることが“望まれた”ことだったからではないだろうか。押し付けがましくがなるように歌うでもなく、独り言のように呟くのでもなく、身近な一つの声を、それもとても大切な声を、桜井は今回届けてくれた。
沿志奏逢2 01. 何の変哲もないLove Song (KAN)
02. ひとつだけ ( 矢野顕子)
03. 昨日のNo, 明日のYes (GAKU-MC)
04. to U (Bank Band with Salyu)
05. スローバラード (RC サクセション)
06. 遠い叫び ( 仲井戸麗市)
07. 休みの日 (JUN SKY WALKER(S))
08. イロトリドリノセカイ (JUDY AND MARY)
09. 煙突のある街 ( 真島昌利)
10. はるまついぶき (Bank Band)
11. MR.LONELY ( 玉置浩二)
12. evergreen (MY LITTLE LOVER)
13. 歌うたいのバラッド ( 斉藤和義)
14. よく来たね (Bank Band)

曲目は以上のようになっていますが、
僕はこの中でも特に9曲目の『煙突のある街』に注目したいです。

この曲は併記されているように元ブルーハーツ、ハイロウズ、現クロマニヨンズの真島昌利さんの曲で、
『この街を流れる川は 耐え切れない臭いがする』というフレーズが印象的な
高度経済成長時の公害に溢れた日本の様子を歌った曲です。
(現在だとイメージは中国でしょうか。)
この曲はbank bandが結成された動因でもある環境問題がテーマということで選ばれたのだと思いますが、
原曲は凄く重い曲なのでアルバムの中で浮いて(沈んで?)しまわないか一ファンとしては心配でもあります。
ポップな感じにアレンジしちゃっても本末転倒ですし…

個人的には真島さんの作品だと『HAPPY SONG』や『オーロラの夜』などの方が
アルバム的にはよかったんじゃないかな…とか思ってしまいましたが、
何にせよこの曲でただ音楽を楽しむだけではなく、bank bandが結成された
『本来の目的』というものをリスナーの皆さんも考えていただければなぁ…と思います。

ライブなどわずか。ミュージシャンのドキュメンタリーなのに・・・。

でも、見てしまう。死して尚ここまで訴えかけてくる人生!感動!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!