×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナニワの勇者王みきちゃんのおもしろ携帯動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.放射線治療
2.もんたよしのり
3.Russian Black
4.山田太郎ものがたり
5.ヨハン・デ メイ
6.くいしんぼう
7.寺内貫太郎一家
8.Yyrkoon
9.バック・トゥ・ザ・フューチャー
10.いとこ同志

コーエー定番シリーズ エアーマネジメント エアラインの社長になって結構色々やることがあり
興味のある人には飽きずに続けられる本格的シミュレーションです。
ライバル社との競合もなかなかシレツで面白いです。
また、オリンピックや博覧会、戦争などイベントやトラブルにも
速やかに対応して自社を世界のトップエアラインに持っていくゲームです。

もうひとりいる [VHS] 久しぶりにホラーものを見ましたが怖いです。
見入ってしまいます。
今、旬のアイドルが主演しているのも見所です。

ボンヘッファー説教全集〈1〉1925‐1930年  本書は、ディートリヒ・ボンヘッファーが二十歳前後の神学生として、また若き青年牧師として、ベルリン、バルセロナ、米国の各地で語った説教二十九編が集められたものである。以前に出版されたボンヘッファー選集の第八巻『説教』は底本の事情により、1930年以降の説教の収録に限られていた。今回の出版は、底本の改訂によって新たに加わった1930年以前の説教、未邦訳の説教を翻訳し、説教全集として刊行されるものである。この第一巻は収録されている全ての説教が新資料からの初訳である。
 本書の説教の中で、特に注目に値する説教を一つ挙げるとするならば、それはバルセロナ時代の第一ヨハネ書2章17節をテキストとした説教であろう。
 ボンヘッファーはその説教の中で、「究極以前のもの(die Vorletzten)」と「究極的なもの(die Letzten)」について語っている。初めにボンヘッファーは、世界の無常さについて語り、時間という運命のもとにあって空虚なこの世について語る。時間は死と同様であり、死はこの世にあっては他のすべてのもの、つまり「究極以前のもの」に対して「究極なもの」であると説明するのである。しかし、この死の世界に対してボンヘッファーは「永遠からの徴」としての十字架を対置する。イエス・キリストにおける啓示の奇跡によって永遠への始まりが示される。そのときこの世の究極的なもの、死は、究極以前のものになるとボンヘッファーは力強く語るのである。この「究極以前のもの」と「究極的なもの」についての思想は後に『倫理』(1940年頃執筆。ベートゲによって後に編集。邦訳『現代キリスト教倫理』)の中に展開される彼の特徴的な思想である。その12年前の説教にこの思想の萌芽が見られるのは大変に興味深いことである。
 続刊が予定されている全集の中にも多くの初訳の説教があるそうである。続刊が待ち遠しい。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!