×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

月夜のビクトリーしんちゃんの衝撃雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ポパイ
2.ロバート・フリップ
3.夢のカリフォルニア
4.インフルエンザ
5.矢沢永吉
6.低反発
7.志野靖史
8.あらい舞
9.国広富之
10.ブラックボード

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スタンダード・エディション [DVD] テレビドラマの映画化が昨今多いですが、「スペシャルで十分でしょ」と思うのも多いのも偽らざるところだと思います。でも、本作の場合は音楽を題材にしているから、迫力の音響、そして大画面でコンサートシーンを映画館で観るだけでも意味があります。
調べたら。主人公のだめのピアノを、北京オリンピック開会式にも登場した中国の名ピアニスト、ラン・ランが演じているそうです。ラン・ラン&のだめの演奏による、えらく破天荒な解釈のトルコ行進曲は大きな見所です。

当然のことながら、そのほかにも数々のプロの手で、この作品の音楽は支えられています。千秋が常任指揮者になったパリのルー・マルレ・オーケストラの起死回生の快演となる、チャイコフスキーの「序曲1812年」。財政的に逼迫し、やる気もなくして崩壊しかけていたオケの面々が千秋のリハーサルによって、演奏家としての意地を見せて復活を遂げた熱演は本作のハイライトのひとつです。
あと、エンディング近くのBGMとして使われるマーラーの「交響曲第5番:第4楽章アダージェット」。ちょっと誉めすぎですが、この曲がこれだけ効果的に映画に使われたのは、「ベニスに死す」以来かも。その他、「悲愴(チャイコフスキー)」「ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)」「ドボルジャークのチェロ協奏曲」等々、千秋自身による多少の解説もありますし、クラッシクに疎い私でも分かる名曲がいっぱいちりばめてあります。(笑)

全体的にコメディ色が強く、上野樹里のコメディエンヌぶりは今更ながらですが、玉木宏がやっぱりカッコイイ!! TVからのファンの期待を裏切らない十分満足できる仕上がり。ヨーロッパロケによる美しい映像も、もちろん注目です。

砂漠の死体泥棒―ロズウェルUFO墜落事件・戦慄の真相 ロズウェル事件の本はこれまで、原爆や核実験、人体実験などを避けてきた。ロスウェル事件の研究者の中心は米国人が中心だったが、初めて客観的にアメリカの現代史を俯瞰できるイギリス人の論客が登場し、注目を浴びた。アメリカの研究者の中には、この原書の議論を一蹴した者が多かったが、重要な焦点となっている日本の現代史の暗部を照らし出した本作は、日本のUFO・エイリアン問題に関心を寄せる読者にとって必読の書といえよう。
陸奥A子コレクション 1 ハーパーの秘密 (YOUNG YOU漫画文庫) これにはハーパーの意味とそれにまつわるお話が織り込んであります。ちょっと恋愛から遠ざかっているあなた(私?かも)呼んでいると恋愛をしたくなりますよ。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!