×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平野画伯キングちゃんのじっくり時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.メルヘン王国
2.Child
3.吉川友梨
4.ジョーズ2
5.小林恭二
6.アウトラン
7.松茸
8.素顔のままで
9.Audioslave
10.矢作俊彦

YAGI 地上デジタルアンテナセット アリスブルー UWPA-K 数年前に近くにマンションが建ち、電波障害のためアナログ放送がノイズまみれ。仕方なくケーブルテレビに加入していました。ほとんど観ないテレビに月々2千円(再送信コース)負担するのももったいないので、ダメ元でこちらのアンテナを2階のベランダにつけてみました。すると、問題なく映るではないですか。もっと早く試しておけばよかった、と。同様の環境の方は、一度ダメ元でお試しの価値はあると思います。設置も簡単でした。
地獄少女(7) (講談社コミックスなかよし) 今巻は、友情が描かれていたお話がありました。
私立中学に入り、クラスが離れ離れになった友達2人。
そして片方がいじめられているのを見て、助けてあげられず、
そして次は自分もいじめられるようになり・・・。
他にも、父が医者で虐待を受けていた女の子の話など、
その後を強く生きようとする姿勢が描かれていました。
骨女の過去の話も入っていました。
地獄少女はやはり、辛く悲しいお話が多いですが、
今巻は強く前向き生きようとしている女の子達が描かれていたので、
私はついその子達を応援したい気持ちになる、そんな巻でした^^

芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書) 佐伯一麦「芥川賞を取らなかった名作たち」を読了。ジョン・ハート「ラスト・チャイルド」の池上冬樹の解説を読んで手に取った一冊です。

芥川賞を取らなくても名作は名作で存在する。そんな当たり前のことをちゃんと明示してくれる書です。でも本書に掲載されている中で読んだことのあるのは、島田雅彦「優しいサヨクのための遊戯曲」のみ。知らぬ間に芥川賞に私自身とらわれていたのかもしれません。でも昔の作品が多く、初めて目にした作者も多かったのも事実。今後の読書生活の中で1つのヒントになるでしょう。

また、小説家が小説を解説していますので、創作のヒントが詰まっています。そのヒントは1つの会話、1つの比喩の使い方というように、非常に細部にわたっています。ですから何らかの文章を書こうとする者には非常に参考になります。

巻末にはこれまでの芥川賞の受賞作、候補作一覧があり、読書の海を渡るときの1つの羅針盤を手に入れることができました。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!