×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プラトニック酒気帯びふ~ちゃんのお笑い動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.リタ・クーリッジ
2.フランク・ペーター・ツィンマーマン
3.樫木裕実
4.春野こころ
5.痛快!ビッグダディ
6.ミシェル・ダルベルト
7.CULV
8.看護師
9.冷蔵庫チェッカー
10.フライパン

i-mobile
アリストテレス知性論の系譜――ギリシア・ローマ、イスラーム世界から西欧へ
個である人間が普遍を認識できるのはいかにしてか。
知性と身体との関係はいかなるものか。
本書は、アヴィセンナ、アヴェロエス、アルベルトゥス・マグヌスといった哲学者たちが、アリストテレスの知性論を土台にして、どのようにこの問題と対決したかを概観したものである。

本書で取り上げられる哲学者たちが、能動知性と可能知性をどう扱ったかがポイントだろう。
アリストテレス自身は、『霊魂論』のなかで「能動知性」についてほとんど議論していない。
にもかかわらず、その後の哲学者たちはそれをことさらに取り上げる。
ここから、全人類に知性はひとつしかない、と考える知性単一説のような学説も生まれてくる。
さらに、この説を論駁するためにアルベルトゥスは新プラトン主義を援用して自説を練り上げる。
このようなダイナミズム、知性をめぐる1000年の哲学史が簡潔かつ明晰に描かれている。

しかも、単なる概説ではなく、どの章も、各哲学者のテキストを引用し、それを丁寧に解説したうえで、その問題点を指摘するというスタイルを取っているので、地に足のついた議論になっている。
ふだんなかなか触れる機会のないイスラーム哲学のテキストに触れることができたのも収穫だった。
非常に濃い読書体験だった。

日本のこもりうた ベスト
色々探していたところ、各々、も・ひとつ…でしたが、おかげでぴったりのものに辿り付けました。

郡上の食品サンプル 【ホタルイカストラップ】
このイカを二つ頼みましたが、ハンドメイドと言う事で、どちらも形や色が微妙に違っていて、機械では作り出せないような個性が出ています。

とてもリアルで付けていて周りの人に珍しがられます(^^)

可愛いですよ( *'ω`* )

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!