×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

異形の提督よ~くんの超絶動画ちゃんねる

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.平沢唯
2.灰谷健次郎
3.高橋しん
4.ジェイソン・フォークナー
5.オノマトペとは
6.ギャラクシーエンジェル
7.マリノア
8.ショコラ
9.鳥羽亮
10.スペイン

i-mobile
アイドルとは、人気の波が去ってみると、あんな歌であんな顔でどこがよかったんだろうってものもある。
 しかし、沢田研二、ジュリーはそんなんとちがう。レコード大賞をとっても大歌手にふんぞり返らなかった、スーパースター。さわやかすぎる白い衣装から、「勝手にしやがれ」のテレビカメラに向かって弧を描いて美しく飛んでいく帽子、「憎みきれないろくでなし」で、 テレビの前のこどもからおばあちゃんまでメロメロにした、指先ぐるぐる攻撃とか、「サムライ」のビーズちりばめ衣装でのカメラ目線とか、「バッドチューニング」のカラーコンタクトとか、「ス・ト・リ・ッ・パー」のひらひら風になびく衣装とか今みても何てかっこいいんだとあきれ、胸がどきどきする。こんなのテレビつければ見られたなんて、どういう幸せな時代だったんだろう。
 ドラマの中でおばあちゃんが「じゅり~~~」とポスターに向かって叫ぶのもあったけど、これを自分でもやりたくてしょうがなくなる、きらきらジュリーのオンパレード!
 うれしいよ。見たかったんだよこれ。
 

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6 (Gファンタジーコミックス)
いけるかもしれない、というところからのどん底への落とし方はひぐらしの作品でも随一です。
解答編としては、様々な謎のほとんどが今作で明らかになりました。
スケールが大きいなと思いもしましたが、このくらいがちょうど良いのかもしれません。

 2000年に亡くなった田中小実昌、通称コミさんは『ポロポロ』で谷崎賞を受賞した小説家でしたが、一般にはテレビ番組に登場した印象からストリップ小屋の座付作家ぐらいにしか思われていなかったのではないでしょうか。
 『濡れた海峡』の主人公は若き日のコミさんを彷彿とさせる歌手の三上寛が演じていて、まるっきり演技はしてはいませんが、便所にしゃがんでポロポロつぶやいている様子は、うらぶれたコミさんの小説の感じがよく出ています。女性たちは山口小夜子、桐谷夏子、小川惠の三人とも素晴らしく魅力的です。石橋蓮司の相手役を演じている桐谷夏子は、石橋の実際の奥さん、緑魔子をふっくらにしたような女性なのがなんだかオカシイ。
 東北地方(岩手県あたり)の貧しい漁村や地方の田舎町を漂白する一種のロードムービーで、徹底的に金持ちは出てきません。70年代の一部のピンク映画にもあった「うらぶれ感」がいっぱいです。
 キネマ旬報でも評価が高かった作品で、VHSもシネスコ・サイズなのはあり難いですが、ぜひDVD化して欲しいですね。
追記:2012年12月、とうとうDVDが発売になります。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!