×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦場の提督う~ちゃんのくりくり動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.明石家さんま
2.エンジェリック・コンサート
3.弓月光
4.仕事がデキる男
5.安田章大
6.真崎春望
7.クレムリン
8.5.1.1
9.モンゴル
10.LOVEる-とらぶる-


12モンキーズ [DVD]
テリーギリアム監督の『未来世紀ブラジル』や、アンドリュー・ニコル監督『ガタカ』、スタンリーキューブリック監督『時計仕掛けのオレンジ』とか近未来の世界観の中で、絶望(一抹の希望?)を描く作品を見たければ、オススメです。SF好きな人には、すぐピンと来るが、嫌いな人にはわかりにくいともいえる。
テリーギリアム監督にBウィリス?と首を捻ったが、これがハマリ。妙に甘ちゃんで頭のトロそう・・・でも誠実そうなジェームスコールを熱演してる。青い南の島映像とハマリの切ない音楽をテレビ越しに眺めながら、女性精神科医に抱かれるBウィリスの表情は、せつなかった。またブラッドピットの狂ったような演技とかは、もう文句なし。
こういう終末後の世界・・・核戦争や遺伝子改造後の世界から!、「世界を滅ぼしたのは誰か?」的な謎解きは、すごく好き。マンガだと萩原一至『バスタード』や宮崎駿『風の谷のナウシカ』とか・・・・「いまある世界の姿は、実は誰かが人為的に作り出したもので・・・」という『今、この世界の手触りを疑う』のはSFの常套手段ですね。『猿の惑星』『マトリックス』や小説家で言えば、フィリップ・K・ディックなんかそうですね。この感覚は分かる人と分からない人は、強烈に別れるらしい。僕の周りで、賛否の分かれる作品群です。しかし分かる人には、スーパーオススメ。こういう作品群で学生の頃はじめてみたせいもあるけど、僕の中ではナンバーワンの作品です。だってわかりやすいんだもん。

ポポロクロイス物語 (1) 知恵の王冠の冒険 ポポロクロイスシリーズ
やはり原作は良いですなぁ。
独特のタッチ・・・何のジャンルに分類されるのでしょうかね。
その不思議な感じもまた魅力であります。
お子さんにもどうぞッ(?)!

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫)
 ジーキルとハイドという人物の関係についての謎を書いたミステリーであり、殺人や薬による変容の恐怖を描いたホラー。解説は東雅夫氏。
 予想外に短い。だが、一番予想外だったのはハイド氏が小柄で、外見もまったくジーキル氏と違う、というところである。舞台や映画では一人二役で演ずるイメージがある。ジーキルとハイドが「一人の人物」であることを強調する演出としてはそれが最適だったのだろう。そしてそのイメージが定着したのだ。しかし、考えてみれば一人二役で外見に共通性が残っているよりも、外見も変わってしまう方が「根源的な改変」の怖さが強い気がする。小柄なハイド氏が背の高いジーキル博士の服の袖や裾を捲り上げてきている姿は滑稽でもあるが。

 短いが、細かな描写がとても丁寧である。明るい表玄関と、窓もない裏口側という建物は、解剖医ジョン・ハンターの家がモデルなのだそうだが、確かに実在した家屋の構造を知らないと描けないようなところもたくみに利用されている。ジーキルとハイドの行動が無理なく説明できるのである。
 後半の、謎解きとなるジーキル博士の手紙の部分がかなり長いが、ここの描写も丁寧で、前半の不可解な人物の与える怖さとはまた違う怖さである。薬で自分の「快楽を追求する」部分を分離して楽しむうち、薬の量を増やさないと聞かなくなる、無意識に人格が変わっていることがおき始める。どこやら「麻薬」の症状を描いているような怖さでもある。著者は薬もかなりよく知っていたのだろう。

 上質な恐怖推理小説として、やはり一読の価値はあると思った。もっとも「謎解き」の部分については、ジキルとハイドの関係はあまりにも知られてしまったので、出版当時の読者のように楽しむというわけには行かないのが残念かもしれないが。

 ちなみに、翻訳者の解説によると最近は「ジキル」ではなく、日本語では「ジーキル」と表記されることが一般的だそうである。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!