×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大森ジャスミンきんくんの栄光の研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.鈴木えみ
2.苺ましまろ
3.MEIMU
4.スウィートシーズン
5.日本データ通信協会
6.モンブラン 登山
7.青山ほとり
8.roe
9.室山まゆみ
10.ショップチャンネル

i-mobile
有森 博/カバレフスキー
2007年11月は有森博の新譜が2枚発売された。そのうち一枚は「露西亜秘曲集」と銘打って、様々な作曲家の作品を集めたものだったが、こちらはカバレフスキーの作品を収録したもの。どちらも収録曲の録音自体が貴重なだけでなく、演奏も超一級の素晴らしい内容だと思う。

有森博のピアノの美点はいろいろあるけれど、まずその音と音の間合いがとてもよい。スピード感を失わず、かつ十分な音楽的で自然な呼吸が感じられる。音楽の流れや見通しが十全で、<それがどのような音楽であるか>をたちどころに聴き手に伝える力がある。そして特に最近の邦人ピアニストの録音にうかがえる過度の「音質の軽量化」がない点は特筆すべきだと思う。これはまさにこのピアニストが、もっとも骨太なロマンティシズムを持つ「ロシア・ピアニズム」を完全に吸収した上で、自己のものとして消化しているためではないだろうか(もちろん、これは私の推測だけど)。

さて、カバレフスキーの曲。これは、たぶん多くの人がプロコフィエフを連想すると思う。プロコフィエフと比べると過激さは減じるが、いくぶん優しい側面を持っている。ソナタ第3番は充実した作品で傑作と呼ぶに相応しい内容を誇る。もっともプロコフィエフの色彩を感じるものともいえる。第2番は第2楽章が美しい。淡々と奏でられる右手の不思議な旋律に、低音で遠雷のように低く繰り返される特徴ある音型は印象的。スクリャービンに繋がる官能的な音楽と言える。ソナチネ第1番はソフロニツキーの録音と比べたが、両者の解釈は実に似ている。有森の「ロシア・ピアニズム」が本流であることを刻む。

エケコ人形 エケッコー人形 ストラップ(紐)付き ワイルーロ 南米ペルー直輸入 数量限定 通販 ショップ
とても、可愛いくて気に入りました。お勧めです。きっと願いをかなえてくれるでしょう。

globe the best live 1995-2002 vol.2
グットコンデション!
よかった。
ありがとうございました。
また機会あれば

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!