×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三田ゴレンジャーゆうちゃんのこってりアイランド

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ガモウひろし
2.渡部篤郎
3.餓狼伝説 スペシャル
4.ディーリアス
5.次長課長
6.本間哲子
7.イリヤ・カーラー
8.稲葉浩志
9.The Troubadours
10.サリナ・ジョーンズ

コミック文庫 銀河鉄道999 13巻―18巻化粧ケース入りセット(B) (少年画報社コミック文庫 銀河鉄道999)
18巻に入って未完のまま休止が続いているため、中途半端なところで終わっている。
作者の松本零士は「エンドマークはまだつけていない」、「連載は終了ではなくあくまで中断」、
「自分の物語は時空を越えて全て繋がった一つの世界で時の輪をめぐる物語として描いている」
との発言をしている為、時期は不明だが連載再開の可能性は十分にありうるので、今後に期待したいと思います。

もいちどあなたにあいたいな (新潮文庫)
あたしの隣の家には、和(やまと)おばちゃんとおじさんが住んでいる。
小さいころ、両親が働いてたあたしは、おばちゃんに育ててもらった。
そしておばちゃんは結婚してもそばにいてくれた…
おばちゃんの待望の赤ちゃんが死んでしまったから、今度はあたしが励ましたい!
と隣の家に行き、何かを手伝おうとするが…口調、しぐさ、雰囲気…が、違う。
これは、私の知ってるおばちゃんじゃない。私のおばちゃんはどこ?
そしてこの人は誰?

子供を失ってショックをうけるおばの姿に違和感を感じて、その理由を解き明かそうとする
ヒロインの語りからこの小説は始まる。そして、ヒロインの父(おばちゃんの兄)、母、
そしておじさん(おばちゃんの夫)、と、語り手は移り変わり、次第に、両家の抱えていた
さまざまな問題、愛情の行き違いが明らかになる。

「親は子供を一番愛している」
「子供は誰よりもママが一番好き」
という、世界的な「あたりまえ」(と思われがちなこと)が本当に「あたりまえ」なのか、
ひたひたと恐ろしく悲しくなる小説。

そんな大人の内容をあの文体で描ける作家は、新井さんだけだと思う。
自分の文体を獲得してる作家って強い。

コミック文庫 銀河鉄道999 1巻―12巻化粧ケース入りセット(A) (少年画報社コミック文庫 銀河鉄道999)
メーテルの謎をさんざん投げかけておいて最後の最後まで明かさないというところが納得できない。明かされるのを楽しみにして読んでいた(買っていた)人も多かったのだから責任をもって説明してほしかった。
子供のころはそういうのもアリかと思っていたが、今は単に何も考えていなかったとしか思えない。本当にこの人の作品は終わり方が悪いものが多すぎる。途中までは素晴らしすぎるのに。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!