×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毛利リュミエールえいちゃんの直撃携帯動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ビッグ・フィッシュ
2.ニンジャウォーリアーズ
3.東方風神録
4.明和電機
5.穴久保幸作
6.ジャングルはいつもハレのちグゥ
7.奇跡の人
8.ひじ
9.鈴木伸一
10.Blur

i-mobile
ANGEL WINGS 2013 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)支援チャリティ ポロシャツ
到着までに少し時間はかかりましたが、購入してよかったと思います。機会があれば、別の色も購入したいと思います。

東北地方太平洋沖地震は”予知”できなかったのか? 地震予知戦略や地震発生確率の考え方から明らかになる超巨大地震の可能性 (サイエンス・アイ新書)
 マグニチュードについて素人にも理解できるように説明している。
予知とその確率について、統計と数式で説明してくれる。少々、専門
的過ぎて理解するために何度も読み返したが、ある程度、現在の科学
による地震のメカニズムと予知がわかった。マグニチュードが1増え
るとエネルギーが30倍大きいことなど、わかっているようで、間違
って理解していることも多いことが良くわかった良書である。

日本人が知りたい巨大地震の疑問50 東北地方太平洋沖地震の原因から首都圏大地震の予測まで (サイエンス・アイ新書)
 私の周りでも実際にいる、「緊急地震速報」は、「地震が起きる前に知らせてくれるのだ」と思っている人が。
 これは、違う。「緊急地震速報」は、「地震が起きてから出す速報」なのだ。震源から地震が伝わってくるまでには時間がかかる。伝わってくるまでに、知ることができるだけなのだ。
 私が気になった疑問は、Q29「地震予知は将来どのくらいまで実現する見込みがあるのでしょうか?」だ。
 読んでいてわかったのは、これはもうギブアップじゃないかということ。
 30年間以内に地震が起こる確率が0.09%〜9%なんてものじゃ、一般の人は地震に対して何かの備えをしようと思える数字ではない。降水確率と比べるのは適当でないのはわかっているが、降水確率が10%だと聞けば、多くの人は傘を持たないのではないのだろうか? ましてや、最低と最高で100倍ある。これでは「予知」とは言えない。「予測」だ。
 降水確率10%以下で私たちができる対処方法と言えば、「置き傘」だ。
 この本の第8章は、「大地震にどう備えればいい?」。この章では、これまで他の本やテレビ・ラジオで見聞きしたも多く書かれているのだが、第1章〜第7章を読んだ後のあなたは、第8章を深くうなづいて読んでいることだろう。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!