×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
田中怪盗ブンくんの黄金時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.香里奈
2.島本和彦
3.サイボーグ クロちゃん
4.フォーガットン
5.奥華子
6.ハッピーサマーウェディング
7.愛人
8.クロマニヨン
9.砦なき者
10.デイヴ・スチュワート

テイルズオブザワールド~サモナーズ リネージ~
僕は、ファンタジアのファンで、ファンタジアを受け継いでる作品
だというから・・・買いましたが、
正直 騙されたな・・・と。
最初 PLAYに入った時から思ったことは、全然ファンタジアを感じないなぁ・・・と。
まあ・・・でも 「新品」で買ったのでせっかくだから・・・と思い
やってはいましたが・・・ミゲールって言う物凄く最初辺りで見限りました。
やはり 別物としか思えない。そんな 空気すらないから・・・
しかも バランスが悪く感じた・・・思い過ごしでしょうか(汗
僕がヘタクソって言うのもありますが、とにかくだるかった。
ゲームって、すごく時間を費やす娯楽で だからこそおもしろいゲームを心の底からワクワクしながらやりたいものです。
面白くないと 最初で!感じたゲームをだらだらと消費させるなんてもったいないし、やはり 「最初」の掴みってかんじんだと思いますが・・。
最後までやりきっていないので・・・星3つ以上減らすの迷いました(汗
とりあえず SRPGが好きな人はやってみてください。。。
他の方の言われるように 慣れてきたら面白いかもしれません。
僕には 無理でした。

競馬好きの私としては、思い出のアニメの一つです。なにより、テレビ放送当時 幼稚園児だった娘が 母と別れる『 たれぞう 』を見て一緒に泣いていたのを 昨日のことのように思い出します。

みどりのマキバオー (1) (集英社文庫―コミック版)
つの丸先生のことは『モンモンモン』を読んでいたときにはくだらん下ネタ漫画家だとしか思っていなかったのですが、その次の作品であるこの『みどりのマキバオー』を読んで、完全に評価が逆転してしまいました。もちろんお約束のように毎回たれ蔵(マキバオー)のうんこが飛び散るなど下ネタも満載なのですが、馬と騎手や調教師とのドラマ、白熱するレース展開、そしてそれぞれの馬の走る姿やチュウ兵衛の生き様に、完全に魅了されてしまいました。

大げさな表現ではなく、生きるとは何なのかということについて、ギャグ漫画家が描いたとは到底思えないような、深い人生哲学がこめられています。

ただし、ご多分にもれずこの漫画にも週間連載だったことの弊害があり、ドバイに遠征後は無理して描かされている感じがしてほとんど面白くありません。

逆に、初めから有馬記念まではずっとハイクオリティーです。とくに日本ダービー編・有馬記念編は圧巻です。そして一旦連載を中止して描き上げた最終回も心に残る非常にすばらしいものでした。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!