×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
進撃のソムリエむ~ちゃんのむっちり動画一覧

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.リリカルなのは
2.JUVENILEのテーマ
3.Kurt Russell
4.水野英子
5.シュガーバニーズ
6.お好み焼き
7.青空クリニック
8.千枚通し
9.REM
10.DVD

【映画パンフレット】 『CASSHERN/キャシャーン』 監督:紀里谷和明.出演:伊勢谷友介.麻生久美子.唐沢寿明
★DVDのウルティメットエディションの特典映像とカブる部分もありますが、
副読本として読み返して楽しめる内容はなかなか。
また、冊子自体が卓上に飾れそうなデザインに作られています。
実質送料だけで手に入りますし、ファンなら押さえておいて損はないと思いますよ。

★ブライの冊子に、作中世界の国境線が分かる地図が載っています。
確かDVDの映像特典には地図は含まれていなかったので、
がっつり考察したい人には必携の資料となります。

★何故か「オモチャ」と「ホビー」カテゴリに二重に登録されていますね。
(2011年12月7日現在)

【装丁】
2004年4月19日発行、定価900円
DVDサイズ。高さはウルティメットエディションと同じだが、横幅は1cmほど短い。

ボール紙製の外箱に冊子3冊が入っている構成。
ブライの冊子の表紙は枠がベージュ色の2色刷りだが、
外箱、残りの冊子2冊の表紙は全部モノクロ印刷で統一されておりカッコイイ。
冊子の背表紙にはロゴが入っており、DVDウルティメットエディションと同じデザインになっていて芸が細かい。

冊子の表紙・裏表紙はいずれも、広告用ポスターと同じもの。
(「映画「CASSHERN」に思うこと」で検索すると出てくる)

★キャシャーンの冊子
裏表紙はバラシン。
フルカラーの劇中カット写真集になっており、
文字は最終ページの主題歌歌詞カードのみ。
ページ全面を使って、バトルシーン、建物の炎上シーンなど
迫力のあるシーンばかりを集めてある。
人物のブロマイド的な写真はほとんど無い。

★ブライの冊子
裏表紙はアクボーン。
ほとんど読み物。
あらすじ、監督からの挨拶、出演者コメント、世界観設定資料、
絵コンテ、キャシャーンのスーツ設計図(DVD特典と同じもの)
ツメロボの撮影用フィギュアが出来るまでの工程、
飛行艇・ロボットなどのデザイン画。
原作キャラクターと劇場版キャシャーンの登場人物の比較。

★ルナの冊子
裏表紙はサグレー。
フルカラーの写真集。
文字は、最初のページに冊子のコンセプトが一言、最終ページにスタッフ名が書かれているだけ。
背景が美しいシーン、回想シーン、キャシャーンとルナが抱き合っているシーンなど、
動きの少ない、重要な心理描写シーンを集めてある。

★付属品
通信販売の申し込み方法、フィギュア、主題歌CDの広告チラシが1枚入っているだけ。
特にフィギュア2体の写真は必見。出来が残念過ぎて笑っちゃいますよ?

薔薇の名前 The Name of the Rose [Blu-ray]
映画は、ジャン=ジャック・アノー監督で1986年9月24日にリリースされている。ご存じの方も多いと思うが『バスカヴィル』のウイリアムをショーン・コネリーが演じている。頭の中のイメージとピッタリだ。

それ以外のキャストも充実している。弟子アドソには若き日のクリスチャン・スレーター。異端者サルヴァトーレには実際は身長が190cm近い怪優ロン・パールマン。盲目の師ブルコスのホルヘにはロシアの俳優フェオドール・シャリアピン・ジュニア(この人のお父さんであるフェオドール・シャリアピンはバスの有名なオペラ俳優だ)。ウイリアムと敵対する異端審問官ベルナール・ギーにはF・マーリー・エイブラハム(この人はご存じの方も多いだろうが、『アマデウス』での音楽家アントニオ・サリエリ役で、アカデミー主演男優賞を獲得(1984年)した直後の出演だ)。そしてこのストーリー全体の鍵を握る農民の少女にはチリの女優ヴァレンティナ・ヴァルガスと、凝りに凝った布陣である。

そして実際に観だすと頭の中に構築されていた『薔薇の名前』の世界が見事に映像となっているのに嬉しくなった。特に興味深く観たのが迷宮図書館だ。ここをどう表現するかは原著を読んだ誰しもが思うことではないだろうか。

さらに感心したのが原作とのラストの違いである。見事な脚色で、恐れを知らずに言わせてもらえれば映画のラストは原作のラストを凌いでいる気がする。あるいはキリストの慈愛に満ちている・・・・そう思う。

松岡正剛氏はこの映画について『おおざっぱな物語はショーン・コネリー主演によるジャン・ジャック・アノーのよく練れた映画にもなった』と書いているがいかがなものだろう。このすばらしい映像を『おおざっぱな物語』などと言うのはこの映画を愚弄しているとしか思えない。文字の集合体で構築された物語を、三次元化し、映像化し、観るものを満足させることがいかに容易ならざることか理解していないと思える。

もう一度書くが、映画『薔薇の名前』のラストは原作のラストを凌いでいる。ただワーナーのDVD化において、ラストの「以前の薔薇は名に留まり、私たちは裸の名を手にする(stat rosa pristina nomine, nomina nuda tenemus.)」が無くなってしまったり、名訳が迷訳になってしまったりしているのは残念だとぼくも思う。

原田麻衣 My Mai [DVD]
使えませんでした。ううぅ。仕方ないのでMAXに買い取ってもらいました。30円程度にしかならずショックです。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!