×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

石田一番搾りさ~くんの情熱動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.スパイロ・ザ・ドラゴン
2.nine
3.ケルディオ
4.双恋
5.サイパン
6.星に願いを
7.Dustin Hoffman
8.キャンプ
9.宇宙天気予報
10.ほたか乱

ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲ト短調Op.33、チェロ協奏曲第2番変ロ短調 (TALICH SPECIAL EDITION 5)
 ターリッヒ(チェコ語では「タリフ」と発音すると聞いたが本当だろうか)は、年齢から言えば、フルトヴェングラーやクレンペラーなどと同じ巨匠の世代に属する。実際、この盤を始めとして、一連の録音に耳を傾けてみると、その充実した重い響き、込められた情熱、表情の味の濃さなど、なるほどと思わせられるのである。

 加えて、ターリッヒには民族性という点で、往年のドイツの巨匠達とは異なる系譜にも属していると言える。その結果、単に巨匠達の一人であるというばかりではなく、民族的共感にも支えられて、ターリッヒのチェコ音楽の演奏は、格別の深い味わいを持つことになる。もっとも、録音が新しいとは言えないので、その面での制約は受け入れなくてはならない(そこで、星は四つにしておいた)。しかし、これは、やはり聴いておかなければならない演奏である。

 この一枚にはドヴォルザークの二曲の協奏曲が収められている。一つは有名なチェロ協奏曲である。デビュー間もないロストロポーヴィッチの独奏による。うまいという点では、もちろん申し分ない。フィナーレで目立って遅めのテンポをとるのはロストロポーヴィッチの特徴だが、このときも速くはないものの、まだ、それほど遅くもない。従って、違和感も小さい。おそらくは、全体がターリッヒの大きな音楽に受け止められているということなのであろう。曲の素晴らしさが歪みなく伝わってくる演奏になっている。

 もう一曲は馴染みの薄いピアノ協奏曲。楽想に魅力がないわけでもないが、ロマン派のピアノ協奏曲の中で抜きん出られるほどの曲では、確かにない。とは言え、これもまた、一度、聴き始めてしまえば、こちらは流れていく調べに、ただ安心して身を委ねるだけ。聴いて損をしたとは決して思わない。

 こういうわけで、音質も考慮に入れれば、第一に選ぶべきとは言えないものの、ドヴォルザークを愛する人なら、必ず備えておくべき一枚ではないか。

プロゴルファー 織部金次郎3 ~飛べバーディー~ [DVD]
若わかしい財前さんの弾ける演技力が素晴らしいですね。引き付けられます。武田鉄也さんももちろんいつものいい味が最高。感動のラストシーンは忘れることはないでしょう。北海道の海岸沿いを走るローカル線に二人だけ。そこに海援隊の名曲 帰ろう。役者、風景、音楽が最高の何ともいえない感動を醸し出しています。ここが武田さんの本当の狙いだと解釈しております。

おばあちゃんのお茶うけ (Part2)
子供の頃に田舎に遊びに行くと出される謎の食べ物!!子供の好きな物が何もなくてね〜というおばあちゃんに
このたくさん出してくれたのはおやつ代わり?何だろう?とも聞きにくく…
手作りのおやつというよりしょっぱい漬物や甘い煮物やお芋やお豆やお餅っぽいもの(笑)

大人になった今は、なんて温かい愛情と豊かさと手間ひまをかけた食べ物を!!本当に有難い貴重な体験をしました。
あれはこんな感じのだった、この作り方か、材料も似てる!、などのおばあちゃん作のお茶うけたちやエピソードに
自分のおばあちゃんとの思い出も重ねながらもう一度食べたい思いにかられました。

作者の方も書いてましたが何故だかおばあちゃん達の明るさと強さに励まされて元気さえ出てくるのです!!
この記録を本にして下さった事に感謝します。誰かが受け継がなければ無くなる味でもあるのがとても切ないのです…

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!