×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
平田クロマティゆうくんの栄光の雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.オーバーヘッド
2.ソードワールドSFC
3.アンティキテラ
4.F1セブン
5.新田一郎
6.おヒマなら来てよネ
7.SKET
8.&
9.倉阪鬼一郎
10.かわぐちかいじ

HYMNE(イムヌ)
クラシックをトランス、エレクトロニカ、アンビエント、テクノ系を自在に使って変化させるセンスはあの菅野よう子に並ぶ、それどころか優っているかもしれない。そしてその曲を最大限に活かすボーカルの声は突き抜けるような高音でありながら透明感と美しさを損なわない。

エキセントリックオペラの技術はどれも半端ではないけれど、中でもこのアルバムの出来は群を抜いている。

激しく美しい、洗練されたエネルギーを感じる。2、7曲目はとにかく凄まじいので、ミクスチャー系の音楽が好きな人は特に聞いてほしいと想う。

T・レックス+9
70年発表のT.レックスとしての第一弾であり、ライド・ア・ホワイト・スワンのヒットも出したが、このアルバムでは次作での“らしい”作風ではなく、ティラノザウルス・レックス時代のアコースティックな作風を引き継ぐ内容と次作に繋がるポップな楽曲の両方が含まれている。メロディの美しさは前作をも飛び越し2.のようなこの時期でしか味わえないような名曲を生み出している。また従来のアングラ的な雰囲気をやや払拭し、メジャーっぽい雰囲気が漂っていてかなり聞き易い。ホップ・ステップ・ジャンプのステップといった感じか?生のストリングスが劇的な効果を生み出した曲が多く、次作以降のギター・リフを生かした曲にストリングスが絡むタイプの曲とはまた違った美しさを持っている。感触としてはサイケ・ポップに近く、2人の演奏 + α とい形態を極限まで生かした優れた作品だと思う。極限と言うことは限界とも言えるわけで、次作でロック・バンド化するのは必然だったのかもしれない。
8.は激ポップな次作に繋がる名曲。10.もアコースティクだが、次作以降に繋がるブギっぽい曲。この曲はティラノザウルス・レックス時代のシングル曲の再演。14.はマーク・ボランがソロ・デビューした時の楽曲の再演。
このアルバムにしかない味がある。

ジンキ・エクステンド~リレイション~ドラマCD(DVD付)
内容は、原作1巻に収録の3話と番外編を加筆修正(番外編が主、全体的にコメディ)した感じ、冒頭の戦闘シーンは人機の駆動音や攻撃(リバウンドフォール)音が上手く表されて良かった、原作未読者はまぁまぁ楽しめるかと思いますが細かな設定などが説明されないので素直に原作を読んでから今作を買われた方が善いかと思います。

声は登場人物と違和感なく合ってると思います、「蒼旗」の声もイメーシどおりで良かった、でも「小川原」の声を聞くと銀時をイメージしちゃうんですよね(笑)。

収録時間は40分くらい、イメージソング『君と奏でるストーリー 歌:佐咲紗花』収録。

DVDに関しては≪ おまけ ≫と称しても問題ないです、原作シーン(静止画)をイメージソングに合わせて流れるだけ、商業商品とは思えない出来です、『 MAD MOVIE 』と記述されてたので予想はしてましたがもう少し力を入れて作ってほしかった(原作シーンをカラーにするとか)。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!