×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音速のマラドーナなんちゃんのキラキラ動画一覧

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.警視-K
2.モーリン・タッカー
3.フランク・シナトラ
4.エーライフ
5.ピンチとパンチ
6.渚にて
7.杉浦茂
8.中松義成
9.チックンタックン
10.CHARA

Harry Potter and the Philosopher's Stone
UK版、US版両方の朗読CDを買いました。
まず分かったことはこのハリーポッターシリーズの朗読はUK版、US版共にどちらもイギリス英語で朗読されているんですね。
後で分かったことですがUS版のJim Dale氏もイギリスの方だそうです。
その点ではアメリカ英語のリスニングが目的で購入される方は注意が必要だと思います。
朗読CDをどちらの版にしようかけっこう迷っておられる方いらっしゃると思うのですが、私(準2級程度)が聴いた感じでは
どちらかというとUK版のFry氏の方がスピードがゆっくりで発音はハッキリしていると思いました。
また声に迫力があり(特にバーノンおじさんやハグリッド!)、時折ユーモアも感じられます。
とにかく自分の中でのイメージにそれぞれピッタリの言い方をされるので思わず笑ってしまうこともしばしばです。
一方US版Jim氏の朗読はスピード感があり、なめらかです。
また他の方も仰られているように声の使い分けが非常に素晴らしいです。その点ではUK版よりも勝るかもしれません。
どちらも素晴らしい朗読ですのであとはお好み次第だと思いますが私個人的にはUK版の方が好きです。
やはり自分の中での声のイメージにピッタリだということと、Fry氏の声の方が長時間聞いていても心地よくて疲れないので。
聴き取りやすい発音でイギリス英語が好きになりました。
UK版はUS版に比べてかなり値段が高い場合もありますがその分価値はあると思います。

BUFFALO ハリー・ポッター リミテッド・エディション 外付けハードディスク 1.0TB HD-LB1.0TU2/HPX6
容量も1TBと多く有り、映画も付録に付いており大変満足でした。

バン、バン! はい死んだ: ミュリエル・スパーク傑作短篇集
以前読んだスパークの短編集「ポートベロー通り」は、まだ新鮮な驚きがあって、たとえばデビュー作の「熾天使とザンベジ河」は登場する本物の熾天使の描写の絶大なインパクトに完全ノックアウトされ、「詩人の家」では『葬式』を買った主人公がそれを列車の窓から投げ捨ててしまったことによって起こる顛末に驚き、「リマーカブルという劇場」ではなんでもない茶飲み話からノアの箱舟や月に住む住人が飛び出してくる幻想世界にブッ飛んでしまった。そして表題作の「ポートベロー通り」では幽霊譚にはあるまじきドライなユーモアの醸し出す雰囲気に完全にのまれてしまった。

 というように、11編収録されていた中で4編はこれぞ!という作品があったのである。で、今回のこの短編集、収録作は15編。既読作品が3作あったので、12編を対象にすると、その中でこれぞ!と思ったのは「双子」と「黒い眼鏡」の2作のみだった。

 スパークの描く世界は総じて意地の悪さや居心地の悪さを強調していると評されているが、その印象が強く残るのがこの2作。特に「双子」はそれがもっともよくあらわれた作品で、良心に隠された真実の姿がサラッと臆面もなく描かれていて辛辣だ。いや痛快といってもいい。

 「黒い眼鏡」は現在と過去を行き来して謎めいた眼鏡屋の姉弟の秘密を浮きぼりにするのだが、ここでの曖昧さ加減は素晴らしい匙加減だった。

 で、他の作品はどうかというとこれがイマイチなのだ。なんといったら良いのか、う〜ん、うまく言い表せないが、鮮明と対極にある事象を経過と思惑の記述のみで描いてゆくその手法が成功しているとは思えないのだ。物語を支配するその姿勢が好きになれない。語り手の立ち位置が好きになれない。だから話の本質を全面的に受け入れられない。といったわけで、気に入らなかったというわけ。

 でも、また新たにスパークの本が刊行されたら、絶対読むだろうけどね。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!