×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

月夜の遊撃手つ~くんのむっちり動画ちゃんねる

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ウルトラ蒸しショウガ
2.巷説百物語
3.台風2号
4.クラウドファイナンス
5.黒井千次
6.石黒正数
7.ソルビトール
8.島田晴香
9.佐々木幸男
10.ロングバケーション

One Direction: Behind the Scenes
娘に頼まれ購入したものです。友達へのプレゼントだとか。自分用にも買えばよかったと申していましたが。

伝説のワーグナー歌手たち
 これは貴重なCDが発売された。戦後の歌手をあらまし聴いてしまうと戦前に手がのびる方も多いと思われるが、そういった方には垂涎ものといえる。ドナルド・キーン氏などの著作でも1930年代のオペラ歌手の凄さについては記されているし、柴田南雄氏の言をお借りすれば「戦前にはゴロゴロいた、男らしい男の歌をうたうテノールはどこにいってしまったのか」ということになるが、そうした欲求をたっぷり満たしてくれる2枚組だ。テノールだけでもフランツ・フェルカー、ヘルゲ・ロスヴェンゲ、マックス・ローレンツ他と名が揃う。むろんソプラノもマリア・ミューラーはじめ充実している。録音状態も充分であるし(たくさん出ているフルトヴェングラーのディスクより良いくらいだ)、ティーティエンの指揮も立派。個人的に星5つにしたいのはやまやまだが、最初にワーグナーの歌唱を最新の録音で、という方には無条件でおすすめできない「好事家」むけの部分があるのでやむなく星4つとする。

中年英語組―プリンストン大学のにわか教授 (集英社新書)
 筆者の経歴をみれば、いわゆる偉い人であることは一目瞭然
であるが、本書に記された時期は、日本国内での他に優越した
立場から切り離され、一人(後に家族もろとも)日本から来た
ミドルのオジサンとして、アメリカ社会の中でもがいている。

 コレクトコールがかけられなかった話(p15)や買い物に出た
先で車のバッテリーが上がって弱りきり、悪戦苦闘して自動車
整備工場まで車を押して行った話(p140)は、国内でならこの
身分の人には降りかからないアクシデントであろう。
 そうした苦境を赤裸々に語れる筆者はやはりすごい人であると
頭が下がるが、生活や職務の環境の激変に遭遇したときにどう
振舞い切り抜けてきたか、にこそ本書の真髄があると思われる。
留学生活中、間断なく押し寄せる苦境にも
・ メゲない
・ 何か一つは付加価値を加えて行動する
・ 社交性と好奇心とを常に失わない

 エリートであるからそうできたのではない。厳しい競争の中で
時に勝ち、時に負けながらも、最終的に残る人達はいざとなれば
ここまですることもできる、と読むのが正しいのであろう。

 アエラ2002年7月20日号臨時増刊「会社の英語」に筆者の肉声
が載っている。
「自分で言うのもなんですが、謙虚になりました。大蔵省でバリ
バリ仕事をして、以前はいばりちらしていたわけです。なのに、
アメリカでは何もできない自分がいる。まいったなあ、と。裸の
人間に戻った感じです」

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!